ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》コロナ対策で最悪レベル2カ所増加=サンパウロ大都市圏は黄レベル保つ

《サンパウロ州》コロナ対策で最悪レベル2カ所増加=サンパウロ大都市圏は黄レベル保つ

 サンパウロ州政府は19日、コロナ対策による外出自粛基準「プラノSP」の最新版を発表し、バレットスとプレジデンテ・プルデンテの2地区が最低の赤レベルに降格した。サンパウロ大都市圏は下から3番目の黄レベルを保った。19日付現地サイトが報じている。
 この日の発表では、バレットスとプレジデンテ・プルデンテの2地区が赤レベルに降格したが、ソロカバ地区はオレンジ・レベル(下から2番目)から黄レベルに昇格した。変更は22日から有効となる。
 これにより、赤レベルは今回降格の二つと、アララクアラ、バウルーの計4地区になった。アララクアラ市は変異株による感染が確認され、15日からはロックダウンがはじまった。その後も患者が増えて集中治療室、一般病室共に占有率が100%に達したため、入院待ちの患者が出ている。

 赤レベルの地区では、食品や薬品など必要不可欠なものを扱う店や公共交通機関などの運営しかできなくなる。
 オレンジ・レベルは7地区、黄レベルは6地区となっている。変異株はサンパウロ市やカンピーナス市でも発見され、サンパウロ市の場合は市中感染も起きている。カンピーナス市でも市中感染が起きている疑いがあり、調査が行われているが、現状では黄レベルを保っている。
 今回の発表では、黄レベルの地域でのレストランでの酒類の販売時間が20時までから22時までに延長された。バーの営業時間は20時までで据え置かれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化2021年5月7日 《リオ州》4月は3度目の人口減少月に=パンデミックで様相に変化  新型コロナ感染症などによる死者の増加やパンデミックで妊娠を控える人達が出ている事などにより、リオ州では4月にパンデミック下で3度目となる人口減少が起きたと同日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  リオ州自然人登録者協会(Arpen―RJ)によると、4月に同州で発 […]
  • 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて2021年5月7日 《ブラジル》大統領が自ら中国陰謀論 ウイルス兵器説を会見で 前外相、経済相らに続いて  ボルソナロ大統領が5日に行った、コロナウイルスは中国の陰謀との論をほのめかすような物言いが、中国からの原材料輸入に頼っているワクチンのコロナバックの調達を遅らせるとの懸念を生んでいる。5、6日付現地紙、サイトが報じている。  ボルソナロ大統領の問題発言が行われたのは […]
  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中2021年5月7日 県連総会=市川体制2年目、役員改変=日本祭りは協議を継続中  ブラジル日本都道府県人会連合会(市川利雄会長)は、3月25日18時から「3月度代表者会議」並びに「第55回定期総会」をオンラインアプリ「ZOOM」で行い、各県人会代表者や役員50人が参加、ポルトガル語を中心に開催され、日本祭りは会場運営会社と協議継続中であることに加え […]
  • 【特別企画】多彩な活躍する水谷ペドロ氏=コロナ禍でも好調な砂糖産業=世界と繋がるカラオケ大会《3》2021年5月7日 【特別企画】多彩な活躍する水谷ペドロ氏=コロナ禍でも好調な砂糖産業=世界と繋がるカラオケ大会《3》 ボルソナロ大統領からも期待される水谷氏とは  今日、ブラジルのアグロビジネスの主要な柱であるスクロエネルジェチコ(砂糖エネルギー)部門の重鎮となった水谷ペドロ・イサム氏は、1959年にサンパウロ州リベイロン・プレットで生まれた。愛知県出身の父親は2歳、広島県出身の母親 […]