ホーム | 日系社会ニュース | VERSTA=ジュサラ椰子森林農法セミナー=24日にオンライン開催

VERSTA=ジュサラ椰子森林農法セミナー=24日にオンライン開催

セッチ・バラス市の山丸氏の農場で育ったジュサラ椰子

セッチ・バラス市の山丸氏の農場で育ったジュサラ椰子

 アグロフォレストリー(森林農法)の普及活動をするNPO法人「VERSTA」(東京都所在)は、24日9~12時にサンパウロ州セッチ・バラス市コミュニティセンター及びオンライン上で「第7回ジュサラ椰子AFプロジェクト啓発セミナー」を開催すると発表した。
 このプロジェクトは、2014年に開始されたもの。サンパウロ州などの大西洋岸森林(マッタ・アトランチカ)の保全再生と小農支援を目的に、ジュサラ椰子樹を主体とした小農の森林農法推進形成事業だ。
 同セミナーは毎年、同市ハポザ村日伯文化協会会場で行われているが、今年はコロナ災禍によりセッチ・バラス市役所にオンライン設備を設置しセミナーを開催する。
 当日は、同団体の小野瀬由一専務理事が「VERSTA支援活動の現状と今後の計画について」を講演し、NPO団体グリーンイニシアティブのロベルト・レセンジ理事長は、「ブラジルにおけるグリーンオフセットについて」を、サンパウロ連邦大学サントス校のヴェリジアナ・ヴェラ・デ・ロッソ教授は「ジュサラ椰子果実などの栄養成分について」、セテバラス農協のオオタ・ジルベルト・デ・オリベイラ専務理事は、「ジュサラ椰子果実ポルパの現状と今後の課題について」を予定している。
 当日、在サンパウロ総領事館桑名良輔総領事によるビデオメッセージも放送予定。参加費無料。オンライン参加の登録リンク(https://bit.ly/2LOKol4)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格2021年2月27日 《ブラジル》大サンパウロ市都市圏で再び外出規制強化=計6地区でレベル降格  26日、サンパウロ州政府のコロナ対策である「プラノSP」で外出規制の見直しが行われ、大サンパウロ市圏を含む4地区がオレンジ・レベル(下から2番目)に降格した。26日付現地サイトが報じている。  プラノSPは24日にも、26日から3月14日まで、州内全域で23時から翌朝5時の […]
  • 東西南北2021年2月19日 東西南北  一般高齢者に対するコロナワクチン接種は大サンパウロ市圏でも行われているが、同じ圏内であっても市によって対応が異なっている。大部分はサンパウロ市と同じく、現在は「85〜89歳」が接種対象となっているが、ジアデマではすでに「80〜84歳」が対象になっているという。逆に、グアルーリ […]
  • 東西南北2021年2月18日 東西南北  2月上旬は2週連続で新型コロナの感染者数が減っていたサンパウロ州。ところが、内陸部のアララクアラ市は変異株の市中感染確認で、15日から同州初のロックダウンに入った上、サンパウロ市やカンピーナス市でも変異株や市中感染を確認し、苦しい事態になっている。アララクアラではロックダウン […]
  • 東西南北2021年2月17日 東西南北  15日、サンパウロ州での対面授業再開プロジェクトでは一番最後となる、サンパウロ市立校の授業が再開した。だが、この日の授業再開は順調とは言えず、約3500校のうち580校は、清掃や消毒のための人員不足や改修工事の遅れなどにより再開を見送った(リモート授業は開始)。しかも昨年12 […]
  • 援協=医療従事者や入居者に接種=4老人ホームでワクチン1回目=「一般向けの予定はなし」2021年2月16日 援協=医療従事者や入居者に接種=4老人ホームでワクチン1回目=「一般向けの予定はなし」  ブラジルでは1月20日に医療従事者から開始された新型コロナウイルスのワクチン接種だが、高齢化が進む日系社会でも待ち望まれている。サンパウロ日伯援護協会(税田清七会長)でも最前線で働く医療従事者を最優先に、関係職員や4ヵ所の高齢者養護施設でもワクチン接種が実施された。こ […]