ホーム | 日系社会ニュース | VERSTA=ジュサラ椰子森林農法セミナー=24日にオンライン開催

VERSTA=ジュサラ椰子森林農法セミナー=24日にオンライン開催

セッチ・バラス市の山丸氏の農場で育ったジュサラ椰子

セッチ・バラス市の山丸氏の農場で育ったジュサラ椰子

 アグロフォレストリー(森林農法)の普及活動をするNPO法人「VERSTA」(東京都所在)は、24日9~12時にサンパウロ州セッチ・バラス市コミュニティセンター及びオンライン上で「第7回ジュサラ椰子AFプロジェクト啓発セミナー」を開催すると発表した。
 このプロジェクトは、2014年に開始されたもの。サンパウロ州などの大西洋岸森林(マッタ・アトランチカ)の保全再生と小農支援を目的に、ジュサラ椰子樹を主体とした小農の森林農法推進形成事業だ。
 同セミナーは毎年、同市ハポザ村日伯文化協会会場で行われているが、今年はコロナ災禍によりセッチ・バラス市役所にオンライン設備を設置しセミナーを開催する。
 当日は、同団体の小野瀬由一専務理事が「VERSTA支援活動の現状と今後の計画について」を講演し、NPO団体グリーンイニシアティブのロベルト・レセンジ理事長は、「ブラジルにおけるグリーンオフセットについて」を、サンパウロ連邦大学サントス校のヴェリジアナ・ヴェラ・デ・ロッソ教授は「ジュサラ椰子果実などの栄養成分について」、セテバラス農協のオオタ・ジルベルト・デ・オリベイラ専務理事は、「ジュサラ椰子果実ポルパの現状と今後の課題について」を予定している。
 当日、在サンパウロ総領事館桑名良輔総領事によるビデオメッセージも放送予定。参加費無料。オンライン参加の登録リンク(https://bit.ly/2LOKol4)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 援協役員会=コロナ入院者先月より減少=落ち着くも高止まりの友好病院2021年5月1日 援協役員会=コロナ入院者先月より減少=落ち着くも高止まりの友好病院  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は4月22日(木)10時から『4月定例役員会』を遠協本部ビルで、対面とオンライン混合で開催した。先月の役員会では、コロナ感染爆発で切迫した状況が報告されたが、今月は多少落ち着きつつも高止まりした危険水準で推移しているこ […]
  • 《サンパウロ州》3種の変異株を確認=スイス、マナウス型に加え脅威の南ア型も2021年4月29日 《サンパウロ州》3種の変異株を確認=スイス、マナウス型に加え脅威の南ア型も  サンパウロ市ブタンタン研究所が、サンパウロ州内で3種の変異株ウイルスの存在を確認した。  今回確認された変異株は、スイスや英国で確認されたB.1.318、南アフリカ型のB.1.351、アマゾナス州マナウス市で確認されたP1から派生したとされるN9だ。B.1.318は […]
  • 《特別寄稿》55周年の節目を振り返る=同郷者交流から日本文化普及へ=ブラジル日本都道府県人会連合会2021年4月29日 《特別寄稿》55周年の節目を振り返る=同郷者交流から日本文化普及へ=ブラジル日本都道府県人会連合会  日本では第2次世界大戦後、海外移住が再開されました。それに伴い、移住者を援助し激励するための海外移住家族会が県単位で結成され、1962年、その全国組織の『日本海外移住家族連合会』(略称=家族会)ができました。  1965年9月、サンパウロで開催された第1回南米日系人大会に出 […]