ホーム | 日系社会ニュース | アジア系コミュニティの今(4)=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=韓国編〈11〉

アジア系コミュニティの今(4)=サンパウロ市で奮闘する新来移民=大浦智子=韓国編〈11〉

】移民する前の韓国での鄭夏源さん家族

移民する前の韓国での鄭夏源さん家族

韓国を発展させた戦前の日本

 鄭さんは、戦前の日本の朝鮮半島統治による韓国人の感情的なわだかまりは百も承知している。だが、大学時代に家庭教師をしていた家の高齢者からは、日本が韓国の様々な発展に貢献した話も聞かされてきた。そのため、日本は敵視する存在ではないと確信する。
 「例えば、公衆トイレ。戦前の韓国には街の目抜き通りにでも、1m四方で深さ1mはある穴が至る所にあり、それが公衆トイレでした。悪臭を放ち、時には穴に落ちる人もいる不衛生なものでした。
 日本人が来てから上下水道が整備され、不衛生な環境が良くなりました。他にも鉄道や車道の交通整備、水力発電、紡績工場など、産業発展の基礎をもたらしました。
 日本と韓国はアジアの兄弟。古くから朝鮮王室と日本の皇室はつながりがあり、戦前には江戸時代なら対馬藩の藩主だった宗家の当主と朝鮮王室の王女が結婚していたのですから」と熱く語る。
 「初期の韓国人移民が暮らしていたリベルダーデ地区でも、やはり先にコミュニティを築いていた日本人に韓国人は助けられた話があります」と、過去の東アジアでの二カ国関係にリベルダーデ地区での関係も重ね合わせる。

鄭夏源さんも通うボン・レチーロ地区で韓国人が営業する新しいカフェテリア

鄭夏源さんも通うボン・レチーロ地区で韓国人が営業する新しいカフェテリア

投資移民として南米に

 鄭さんは1987年に投資移民としてアルゼンチンに渡った。しかし、当時のアルゼンチンは経済規模が小さく将来を期待できなかったため、1989年にブラジルで恩赦が出るという情報を得てブラジルに入国し、難なく永住ビザを取得してブラジル生活が始まった。
 妻(79)と当時大学1年生だった長男、浪人生の次男、高校3年生の三男も一緒に移民し、仕事の目的以外に、韓国では子どもたちが歪んで育つという思いもあった。
 鄭さんは中央大学教育科を中退後、韓国では産業経済新聞の勤務を経て、社団法人世政経営研究所理事長、国民大学校経済研究所研究委員を務め、政府関連のプロジェクトに必要な予算などの調査を行っていた。
 「ブラジルは政治が悪いのは明らか。道一つとっても、各所に亀裂が入っていたり穴があいていたりするのは、予算を全て使わず、誰かのポケットに流れているという現れ」と、公的資金投入のプロとしてブラジル政府への評価は厳しい。
 ブラジルに来て最初はサンパウロ市アクリマソン地区に家を購入し、穏やかな生活を送っていた。しかし、数年後に妻が知人の保証人になり、借金のかたとして3軒あった家の2軒を売りに出すことになってしまった。
 最終的には3軒目の家も売りに出し、3年前からボン・レチーロ地区に引っ越し、妻と次男家族、三男と一緒に生活している。
 「三男だけが結婚していないのが心配で」と、国が変わっても子を想う親心は変わらない。
 「ブラジルの好きなところは人々の国民性。強盗や怠け者も目立ち、私も携帯電話やパスポートを盗まれたことがあります。ですが世界から観光客が来るのは、やはりおおらかな人々を求めて来るのだと思います」と、ブラジルの人々への眼差しは温かい。
 「家では韓国料理を食べますが、昼食を食べたらすぐにお腹が減ります。それに比べて腹もちの良いフェイジョアーダもすっかり好物になりましたよ」(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年5月7日 東西南北  人気コメディアン、パウロ・グスターヴォのコロナ死は国民に強いショックを与えており、いまだに話題が絶えない。アゴラ紙などが報じたところによると、パウロは生前コロナ対策のために、判明しているだけで130万レアルの寄付を行っていたという。たとえば、昨年4月にバイア州の保健機関への5 […]
  • 東西南北2021年5月6日 東西南北  サンパウロ市シリオ・リバネス病院に入院し、癌闘病中のブルーノ・コーヴァス聖市市長は4日、胃の出血が止まった後に移った高度治療室から、SNSを通じてメッセージを発信した。同市長は「私には、あらゆる障害に打ち勝っていくとの確信がある」と宣言し、傍で見守る長男のトマス君(15)と固 […]
  • 《ブラジル》恐竜アルダティアンの化石を初確認=白亜紀後期、全長22mの草食系2021年5月5日 《ブラジル》恐竜アルダティアンの化石を初確認=白亜紀後期、全長22mの草食系  サンパウロ総合大学(USP)の考古学チームが、8500万年前にサンパウロ州内陸部に生息したと見られる恐竜に、これまでブラジルで生息していたとは想定されていなかった新たな草食系の恐竜が存在していた可能性があるとの研究結果を発表した。4日付現地サイトが報じている。  こ […]
  • アマゾン森林農法を紹介=会議所の異業種交流会で=100人が熱心に耳傾ける2021年5月5日 アマゾン森林農法を紹介=会議所の異業種交流会で=100人が熱心に耳傾ける  ブラジル日本商工会議所主催、パラー日系商工会議所協賛のウェブ講演会「日系人コミュニティが貢献するアマゾンのSDGs~アグロフォレストリー(森林農法)~」が、4月28日(水)午前10時から、トメアスー総合農業協同組合(CAMTA)代表の乙幡アルベルト氏を講師に招いて実施 […]
  • 《ブラジル》コロナ死者が40万人に=30万人突破からわずか36日で=欧州議会でもボルソナロ大統領批判続出2021年4月30日 《ブラジル》コロナ死者が40万人に=30万人突破からわずか36日で=欧州議会でもボルソナロ大統領批判続出  コロナ犠牲者が29日午後1時に40万21人を記録したと同日付エスタード紙電子版が報じた。30万人突破から僅か36日間で犠牲者が10万人も増える事態に驚く人が多い中、「寒さが来れば状況がさらに悪化し得る」と警告する声も出ており、現政権のコロナ対策に対する批判が国外でも噴 […]