ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》上院での緊急支援金の投票先延ばし=支払額などで意見が割れる=3月支給開始を希望するも

《ブラジル》上院での緊急支援金の投票先延ばし=支払額などで意見が割れる=3月支給開始を希望するも

パシェコ上院議長(Fabio Rodrigues Pozzebom)

 コロナ対策の一環としての2021年度の緊急支援金の支給に関する緊急の憲法改正法案(PEC)の上院での投票が遅れている。その理由は、支給される期間と額で折り合いがつかないためだ。上院では具体案を後から承認させる分割承認を行おうとしているが、経済省の強い反発を受けていると、24、25日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ