ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 6日から州全体の外出自粛レベルが最低の赤レベルになっているサンパウロ州。規制強化後の最初の平日だった8日は、出勤日ということもあり、地下鉄やCPTMが満員だったことが報じられている。この期間中の経済活動は生活必需のもののみに限られ、多くの商店が休業またはデリバリーなどに限定されるなどして、家計が苦しくなる人々も出ている。学校や教会の活動許可もそうだが、もっとも注意が必要な「人の群れ」や3密に関する対策が少し甘いような。企業などが在宅勤務を増やし、出勤時間をずらすなどの工夫をしない限り、交通機関でのリスクは減らない。大して群れも作らないのに商業活動を止められている人たちのことを考えても、しっかりと対策すべきことがあるのでは。
     ◎
 8日未明、サンパウロ市東部アグア・ラザで、48歳の女性とその9歳の息子が、自宅内でナイフで刺されて殺害される事件が起きた。この事件では、近所をパトロールしていた軍警が通報を受け、すぐに駆けつけたが、被害者2人はすでに、床に倒れて亡くなっていた。だが、塀をよじのぼって逃げようとしていた18歳の少年を現行犯逮捕した。殺害の動機は、被害者の家の前で薬物を服用していたことを不快に思われた容疑者が逆恨みしたためだが、被害者は事件の直前にも、オーディオの音がうるさいと文句を言いに行っていたという。これでは怖くて、おちおち不審者に文句も言えない?
     ◎
 コロナ禍に伴う変則スケジュールゆえ、1月に終わったばかりのリベルタドーレス杯はもうすでに次の年度の試合を行っている。現在はまだ一部未定のグループ・リーグ進出チームを決めるための予選。7日のブラジル杯で優勝できなかったグレミオは、グループ・リーグ進出権獲得に失敗したため、今日急きょ、予選に参加。めまぐるしいが頑張ってほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天2021年6月17日 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天  「ハレルヤ、ハレルヤ(主をほめ讃えよ)」――ピアウイ州コレンテ市の病院で、新型コロナ感染症で入院していた女性に死期が迫っている事を感じた医師が、患者を落ち着かせるためにその傍らで歌ったところ、女性も一緒に歌った上、歌を聴きながら寝入り、数時間後に息を引き取るという出来 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に2021年6月17日 さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に  60代以上はワクチン接種を終え、これまで頑なに家族から対面で会うことを止められてきた人々も、各自の判断で旧交を温める動きが出始めている。そんな14日、1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者らが互いに呼びかけ、猫塚司さん(78、岩手県出身)、中沢宏一さん(78 […]
  • 《ブラジル》半量のワクチンでも有効か=ヴィアナ市で実験接種始まる2021年6月16日 《ブラジル》半量のワクチンでも有効か=ヴィアナ市で実験接種始まる  ブラジル南東部のエスピリトサント州ヴィアナ市で13日、ボランティアによるオックスフォードワクチンの実験的接種が始まったと13日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  このプロジェクトは、ワクチンを半量にしても新型コロナへの抗体ができ、感染や重症化を防ぐ事ができるか […]
  • 《ブラジル》コロナ孤児が約7万人発生=政府が支援策検討=緊急支援金は3カ月延長2021年6月16日 《ブラジル》コロナ孤児が約7万人発生=政府が支援策検討=緊急支援金は3カ月延長  連邦政府が生活扶助(ボルサ・ファミリア)の見直しに合わせ、コロナ禍で家計の責任者である親を失った子供達への特別支援を考えていると15日付エスタード紙などが報じた。  15日現在で、コロナ感染症による死者は49万人に達し、あと1週間程度で50万人を超えると見られる。そ […]