ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ州でもコロナ禍による医療崩壊が進んでおり、それに伴う悲劇的な家族の話が報道されはじめている。大サンパウロ市圏タボアン・ダ・セーラでは16日朝、救急診療所の前で泣き崩れる32歳の女性の姿が見られた。彼女の母親(63)は10日に診察を受けた時点で人工呼吸器を装着され、集中治療室行きを待っていた。12日には裁判所の入院命令も得たが、16日になって、同日午後ならサンパウロ市クリニカス病院に入院できると知らされたという。彼女の父親も14日から緊急診療所で入院中で、「自分の無力が情けなくなった」と彼女は語る。また、15日にサンパウロ市内の病院の集中治療室に入院した30歳の女性はその前日に夫を亡くした上、母や叔父も亡くしている。彼女には幼い子が2人いる。サンパウロ州では16日までに88人が、集中治療室の空きを待つ間に亡くなっている。
     ◎
 コロナ禍の現在、サンパウロ市のサバラー小児病院によると、同病院で現在問題となっているのはコロナよりもむしろ急性気管支炎だという。1月の同病での入院患者は11人だったが、2月には39人になった。気管支炎は2歳までの子供に顕著な病気だ。それでも、同病による入院患者は昨年と比べ、1月で33%、2月で40%少なく、19年並みだという。同病院のダニエル・ジャロフスキー医師によると「コロナの感染は子供の間でも増えてはいるが、重症化は極めて稀」と語っている。
     ◎
 15日からの「紫レベル」実施で、かねてから需要が高まっていた出前の配達人(モトボーイ)の必要度がさらに増しているという。サンパウロ市内のモトボーイは5〜6万人と言われているが、この期間中に8万人まで増える見込みだ。生活が厳しくなる中、貴重な働き口にもなっているが、感染リスクの中、強盗被害に遭う危険度も増しているのに働き続ける彼らには、市民たちも感謝している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着2021年6月23日 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着  新型コロナによる死者が50万人を超え、ワクチン接種の加速を求める声が一段と高まる中、ケイロガ保健相が予防接種計画を見直し、18歳以上の人は9月までに初回接種を終え、年末には2度の接種も完了と21日に約束したと22日付現地紙、サイトが報じた。  予防接種計画の前倒しは […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]