ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》目の前にいる見えない青年とインフレの魔物

《記者コラム》目の前にいる見えない青年とインフレの魔物

「外出禁止」で路上生活者はどこに行けば良い?

アクリマソン地区にいる路上生活者

 感染爆発が止まらない日常生活の中で、「外出禁止」という言葉を何度も聞きながら、現実と噛み合わないものをいつも感じる。たとえば、朝の運動として歩いている間や通勤中に何十人もの路上生活者を見るが、常に「外」にいる彼らは、「外出禁止」と言われたとき一体どこへ行ったら良いのだろう、と。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ