ホーム | 日系社会ニュース | 長崎総会=カーニバルの原爆山車振り返る=活動休止、今年もコロナ次第

長崎総会=カーニバルの原爆山車振り返る=活動休止、今年もコロナ次第

総会の様子

総会の様子

 ブラジル長崎県人会(森繁親会長)は2月21日午後、「定期総会」をオンライン会議システム「グーグルミーティング」上で、日本語とポ語両方で開催した。
 同県人会メンバー22人が参加。中には聖州プロミソン市に住む前田ファビオさんなども参加した。
 総会は長崎県民歌「南の風」斉唱で始まり、森会長は開会の挨拶と共に、「昨年はコロナ災禍の影響でブラジルも県人会も大変な1年でした。我々が予定していたイベントもほとんどできませんでした。早く普通の生活ができることを願っています」と述べた。
 同会は川添博前会長が司会進行を務め、約90時間に亘って、2020年の事業や会計報告の発表と承認、21年の活動と予算の発表と承認、会長選挙などが行われた。
 事業報告では「九州ブロック懇親会」や「龍おどり練習」など予定していたイベントがコロナ禍により中止になったことが発表された。県人会から長崎県への技術研修生として派遣する予定だったが、それもコロナにより中止したことを報告。
 川添前会長は、「20年に特筆すべきイベントはサンバカーニバルで長崎原爆の悲惨さを披露したこと。今までそういった楽しいイベントに戦争の悲惨を出してよいものかという気がかりがあったが、長崎市長や県人会の方は快く承認していただいたおかげで、ブラジルでも平和活動ができたと思う。この活動が県人会の今後の活動にさらに幅が広がるでしょう」と語った。
 その後、21年度の事業計画案を発表。川添氏は「20年と同じイベントを計画表に当てはめましたが、現在も終息しないコロナの動向をみながら催し物を慎重に行いたいと思います。そのため、今年も昨年同様に何もイベント開催できない可能性が多いにあります」と警告した。
 また、再来年2023年には長崎県人会60周年を迎える。その式典を実現するべく同県人会から長崎県庁へ協力を求める意向を発表し、会を締めくくった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる2021年2月20日 《リオ市》カーニバル=宿泊施設の利用率は63%=昨年同期の3分の2に止まる  新型コロナの感染拡大でカーニバルの期間中も公式イベントがキャンセルされた事で、リオ市の宿泊施設の利用率は平均で63%に止まった。  リオ市の宿泊施設手段組合(Hoteis Rio)が18日に発表したもので、昨年同期の93%と比べると3分の2だ。それでも、50%位まで […]
  • 《リオ市》リオ市=規制違反の店営業停止に=最初の週の2晩だけで14軒2021年2月16日 《リオ市》リオ市=規制違反の店営業停止に=最初の週の2晩だけで14軒  新型コロナの感染再拡大でカーニバルの期間中も3密を避けるように指示している自治体が多い。その一つリオ市では、12日夜から14日未明までの2晩で14軒の店が営業停止処分を受けた。  例年ならカーニバル直前の金曜日からは観光客やサンバを楽しむ市民で賑わう同市だが、今年は […]
  • 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?2021年2月16日 《ブラジル》カーニバル中止で大損害=損失額は81億レアル?  新型コロナの感染拡大抑制、減速化のため、各地でカーニバルのイベントがキャンセルされている。これにより、全国では最低81億レアルの損失が生じるという。  全国財・サービス・観光商業連合(CNC)が昨年の実績を基に試算したもので、交通費や宿泊費、食費、物品購入費、レクリ […]
  • 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に2021年2月6日 《リオ市》カーニバルの街頭行進も禁止に=ブロッコなどによる3密回避に  リオ市役所が5日、例年ならばカーニバル恒例のパレードやブロッコの行進などが行われる2月12~22日のイベントや露店販売、観光客を乗せた乗り物の市内乗り入れなどを禁止すると同日付官報に掲載した。  エスコーラ・デ・サンバや主だったブロッコは既に、2月のカーニバル期間中 […]
  • リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に2020年12月17日 リオのカーニバル出場順を発表=7月11、12の両日に  リオ市のエスコーラ・デ・サンバ独立リーグ(Liesa)が14日午後、21年7月11、12日の両日に予定されているスペシャルグループの行進(デスフィーレ)の順番を決めた。  新型コロナの感染拡大を防ぐため、抽選は各エスコーラの代表だけが参加して行われた。  11日の […]