ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》コロナ予防接種=67歳は14日、65~66歳は21日から

《サンパウロ州》コロナ予防接種=67歳は14日、65~66歳は21日から

 サンパウロ州保健局は7日、コロナウイルスの新たな接種スケジュールを発表し、65歳から67歳を接種対象に加えた。7日付現地サイトが報じている。
 サンパウロ州ではこれまで、4月2日からが68歳(約34万人)、5日からが警察官や市警備隊員などの治安のプロや刑務所職員(約18万5千人)、12日からが47歳以上の教職員(約35万人)の接種と決まっていた。
 7日の発表で接種対象に加わったのは65〜67歳の人たちで、67歳(35万人)は14日から、65~66歳(約76万人)は21日から、接種開始となる。
 これに伴い、14日からは、6日に中断が発表されていたドライブスルー接種会場での接種が再開となる見込みだ。ドライブスルーの接種会場は、一般の保健機関に人が集中するのを避けるために開設されており、対象年齢の大半が接種を終えると会場を閉めるのが常となっている。現在のドライブスルー会場は、サンパウロ市内だけで20を数えるほど増えており、主要な接種会場となっている。

 なお、7日からは携帯アプリ「ワッツアップ」を介して、住所や納税者番号といった接種者の個人情報の事前登録ができるようになった。州保健局はワッツアップ社との協力により、「接種時にかかる時間を90%節約できることにもなる」とサービスに自信を見せている。
 接種ワクチンは、サンパウロ市ブタンタン研究所が製造する中国製のコロナバック、もしくはイギリスのアストラゼネカ社の「オックスフォード・ワクチン」かのどちらかとなる。
 7日の昼現在、サンパウロ州では515万9637人が1回目の接種を終え、186万9339人が2度目の接種を終えている。この数は人数では全国一だが、全州民における比率は、1回目の接種が14・1%で全国6位、2回目の接種は5・1%で全国2位。1位はいずれも南マット・グロッソ州だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》銀行強盗が使ったガスボンベ=コロナの患者対応の病院に寄贈2021年4月17日 《サンパウロ州》銀行強盗が使ったガスボンベ=コロナの患者対応の病院に寄贈  サンパウロ州市警が裁判所の許可を得て、犯罪捜査で押収した資材の一部を新型コロナ感染症の患者に対応している三つの病院に寄贈した。その中には銀行襲撃などに使われたガスボンベ24本も含まれており、肺の機能が落ちた患者への酸素の供給用に使われる。  24本に及ぶガスボンベは […]
  • 《サンパウロ州》州立校教職員の感染率=一般市民の約3倍の高さ2021年4月17日 《サンパウロ州》州立校教職員の感染率=一般市民の約3倍の高さ  基礎教育部門を中心に対面授業の重要性が問われ、収容人数の35%に限って対面授業を行うなどの方針を打ち出している州が多い中、サンパウロ州の公立校教職員は一般市民より新型コロナの感染率が高い事が分かったと15日付アジェンシア・ブラジルが報じた。  州立校の関係者が2月7 […]
  • 《ブラジル》人工呼吸器の必需薬品セットを企業家が寄贈=数日分のみ、逼迫状況は続く2021年4月17日 《ブラジル》人工呼吸器の必需薬品セットを企業家が寄贈=数日分のみ、逼迫状況は続く  サンパウロ州内の病院などで不足して問題となっていた、人工呼吸器装着時に必要な薬品類のセット(kit […]
  • 東西南北2021年4月17日 東西南北  サンパウロ州で13日、インフルエンザの予防接種を受けに来た人に、コロナワクチンを誤って接種するというミスが発生した。発生したのは内陸部イチラピナ市で、46人がコロナワクチンの接種を受けた。内訳は成人18人に子供28人で、成人のうち2人は妊婦だ。子供へのコロナワクチンの接種は、 […]
  • 友好病院「酸素や薬足りない」=援協医療現場が切迫状態に=会員50人増で滑り出し好調2021年4月17日 友好病院「酸素や薬足りない」=援協医療現場が切迫状態に=会員50人増で滑り出し好調  サンパウロ日伯援護協会(税田パウロ清七会長)は3月25日(木)に3月定例役員会を援護協会ビル5階とオンライン会議システムによる混合で開催した。事務局報告では、日伯友好病院やサンミゲルアルカンジョ(SMA)病院でも薬や酸素が足りず切迫した状態になっていると前園事務局長が […]