ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》迫ってくる「囲まれている」との実感

《記者コラム》迫ってくる「囲まれている」との実感

『セルカードス』予告編の一場面(3月23日付G1サイトの記事の一部)

『セルカードス』予告編の一場面(3月23日付G1サイトの記事の一部)

 3月23日、新型コロナの感染第1波が深刻化し、マナウスなどで医療崩壊が起き始めた頃のドキュメンタリー映画『セルカードス(囲まれている)』が、「ホット・ドックス」(カナダのドキュメンタリー映画祭)候補作品に選ばれた。
 昨年4月17日~5月15日に保健相を務めたタイシ氏や、マナウス市の墓地で肩を寄せ合うように並べられた棺に土をかける場面、報道陣にがなり立てるボルソナロ大統領なども映っている。前任のマンデッタ氏やタイシ氏が新型コロナ対策を巡って大統領と対立していた事は世界中に知られ、当時からブラジルの行方を案ずる声が出ていた。
 昨年は5月21日に感染者が30万人、死者も2万人を突破。感染者は同27日に40万人、同31日に50万人を超え、死者も6月2日に3万人を超えた。だが、この時期に集団検査や社会隔離をきちんと行っていれば、状況は今とはまるで違っていたはずだ。
 しかし、大統領の否定主義は、感染者が1310万人を超え、死者も33万7千人弱に達した今も変わらず。世界各国の死者は減少傾向にあるのにブラジルでは死者急増中で、1日の死者や1日の平均死者数は世界一だ。
 こんな中だから、感染者や死者の急増ぶりはより身近に感じられ、「囲まれている」との実感は日々、強まっている。だが、否定主義に毒され、コロナを軽視し、3密を繰り返す人は後を絶たない。厳しい規制を採用した自治体やアパートでは、脅迫や嫌がらせさえ起きているのが実態だ。
 3月31日には、サンパウロ州海岸部のモンガグア市長がロックダウン導入の理由を聞かれ、自分も家族を失い、店もたちゆかなくなった事を告げた後、「店は立て直せるが命は取り戻せない」と涙ながらに語っていた姿を報道で見た。
 コラム子の息子の友人は、母親が集中治療室に入院、叔母も亡くなった段階でマスクを使い始めた。身近な人を失う前に他者や自分を守るためのマスク着用や社会的距離確保を守っていたらと思うと、胸の痛みはさらに増す。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]