ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏

《サンパウロ市》予防接種会場に響く音楽=週2回オーケストラが生演奏

劇場前でタクトを振る指揮者や上部の回廊で弦楽器を演奏する男性など(6日付G1サイトの記事の一部)

 サンパウロ市で60~62歳の人への新型コロナの予防接種が始まった6日、同市南部サントアマロ区アドルフォ・ピニェイロ大通りにある特設接種会場、パウロ・エイロー劇場(Teatro Paulo Eiró)では、長蛇の列をなして接種を待つ人達がオーケストラの演奏で心和むひと時を過ごしたと同日付G1サイトが報じた。
 演奏が始まったのは午前11時。劇場の入り口前に立った指揮者がタクトを振ると、劇場外部の回廊に陣取っていたサントアマロ・フィルハーモニー・オーケストラ(OFISA)の面々が演奏を始めたのだ。演奏時間は約15分間で、映画のテーマ音楽やブラジル人に馴染み深い曲目が演奏された。
 サンパウロ市文化局によると、OFISAの演奏は、5月27日までの火曜日と木曜日、午前11時から行われるという。密を避けるため、演奏に参加するメンバーは各回4~5人で、演奏時間も15分程度。接種を受けに来る人達と直接接触できる場所だと密が生じ易くなるからという理由で、2階部分にある外回廊で演奏する事になっている。

 OFISAの指揮者のシルヴィア・ルイザーダ氏は、「音楽には人々の心を新たなエネルギーで満たすという働きがある。パンデミックという困難な時にはなお、魂を癒し、我々を芯から力づけてくれるはず」と語っている。
 60~62歳の人を対象とする予防接種初日の6日は、ファイザー社製のワクチンも使われると聞いた人達が、その接種を受けられる保健所(UBS)を探し、長蛇の列をなすという事態も生じた。
 同社製ワクチンはアナフィラキシーショックを起こす人が出たとして不安を感じている人がいる。だが、世界保健機関(WHO)などは、アナフィラキシーのような強い副反応が起きる事は本当に稀なので、アレルギー体質の人達は接種後15~30分程度、強い副反応が出ないかどうかを観察する事などに注意すれば大丈夫だから、積極的に接種を受けるよう勧めている。
 サンパウロ市ではドライブスルーの接種会場も設けているが、6日からの接種で初めて使われるファイザー社製ワクチンは超低温での保存が必要なため、UBSなど、市内486カ所の固定接種会場でしか使われなかったが、同ワクチンは1日余りで全て使い切ったという。ドライブスルー会場やファイザー社製ワクチン終了後の固定接種会場ではアストラゼネカ社製のオックスフォード・ワクチンを使っている。

★2020年12月29日《ブラジル》政権最大の問題は保健衛生=コロナ禍深刻化で数値上昇=ワクチン戦争で拍車がかかる
★2021年4月9日《ブラジル》大統領がワクチン接種加速化を約束=企業家たちとの晩餐会で=「財界との信頼回復」のため=接種状況は収束には程遠いが
★2021年5月4日《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着2021年6月23日 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着  新型コロナによる死者が50万人を超え、ワクチン接種の加速を求める声が一段と高まる中、ケイロガ保健相が予防接種計画を見直し、18歳以上の人は9月までに初回接種を終え、年末には2度の接種も完了と21日に約束したと22日付現地紙、サイトが報じた。  予防接種計画の前倒しは […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]