ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ

《サンパウロ州》新たな予防接種日程を発表=新型コロナとインフルエンザ

7日の定例会見(GovSP)

 サンパウロ州政府が7日、新型コロナの予防接種の優先グループに50~54歳で恒常的な障害や慢性疾患を持つ人86万5千人を加えると発表した。
 州政府は毎日のように新しいグループを優先接種対象に加えている。10日はダウン症の人、人工透析者、臓器移植後で免疫抑制剤の使用者への接種を開始。11日は18歳以上で持病のある妊婦と産後45日以内の女性、55~59歳で恒常的な障害を持つ人、12日は同年齢層の慢性疾患患者への接種が始まる。50~54歳で恒常的な障害や慢性疾患を持つ人への接種は14日からだ。
 ダウン症や慢性疾患患者、人工透析や免疫抑制剤が必要な人、妊婦などは、診断書や検査結果、処方箋など、優先接種を受ける理由がある事を証明する書類の提示が必要だ。恒常的な障害がある人は、社会福祉上の継続的な恩恵(BPC)を受けている事の証明書を持参する必要がある。

 優先接種の対象となる慢性疾患は、心臓疾患や心不全、冠状動脈や大動脈などの血管の病気、心筋症や心膜症、不整脈、人工弁やペースメーカー使用者、糖尿病、高血圧症、重度の慢性肺疾患、脳血管障害、病的肥満、肝硬変、慢性腎臓病、鎌状赤血球貧血や重度のヘモグロビン症などだ。
 また、11日からは60歳以上の人と教師へのインフルエンザの予防接種も始まる。こちらは保健省の管轄で、新型コロナの接種との間は2週間開ける必要がある。サンパウロ市ではインフルエンザの接種は保健所に近い公立校で行うから、事前に会場を確認しておくとよい。
 新型コロナの初回接種を受けたが、2回目の指定日に接種を受けていない人は6日現在で約40万人おり、再接種の必要も呼びかけられた。

□関連コラム□東西南北

 6日にはじまった60〜62歳対象のコロナワクチンの接種は、ファイザー社のワクチンを探す人が保健所に回ったことや、対象となる人数が多いせいもあり、サンパウロ市では各地で長蛇の列ができた。5月は全国で慢性の持病のある人への接種がはじまり、サンパウロ州も10日からこのグループ200万人への接種を行う。また、11日からは47歳以上の地下鉄、CPTMの職員約1万人、18日からはバスの運転手や車掌(コブラドール)への接種もはじまる。新しく追加される人たちは健康面に問題を抱えている人が多いため、行列待ちは少なめになることを願いたいところ。この次は、一般の59歳以下や46歳以下の教員の番か。

★2020年12月29日《ブラジル》政権最大の問題は保健衛生=コロナ禍深刻化で数値上昇=ワクチン戦争で拍車がかかる
★2021年5月4日《ブラジル》コロナ月間死者数大幅に記録更新=感染の再拡大に懸念強まる=Covaxのワクチン到着
★2021年5月5日《ブラジル》80歳以上の死者が激減=コロナワクチンの効果顕著
★2021年4月7日《ブラジル》インフルエンザの予防接種=12日からキャンペーン開始

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着2021年6月23日 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着  新型コロナによる死者が50万人を超え、ワクチン接種の加速を求める声が一段と高まる中、ケイロガ保健相が予防接種計画を見直し、18歳以上の人は9月までに初回接種を終え、年末には2度の接種も完了と21日に約束したと22日付現地紙、サイトが報じた。  予防接種計画の前倒しは […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]