ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ州》60〜64歳のメトロ料金無料に=1月末でいったん廃止も二転三転

《サンパウロ州》60〜64歳のメトロ料金無料に=1月末でいったん廃止も二転三転

 サンパウロ州地裁が、60歳から64歳の人の地下鉄やCPTM、バスの料金を再び無料にする判断を下した。12日付現地サイトが報じている。
 地裁の決定は7日に行われていたが、12日にあきらかになった。11日にはサンパウロ市議会で、この年齢層の人たちの料金を無料にすべきとの公開討論会も行われていた。
 サンパウロ州では2013年に60歳以上の公共交通機関の利用料金を無料にする条例が裁可されており、2021年1月31日まで有効だった。
 だが、2020年12月、サンパウロ州とサンパウロ市が60〜64歳を料金免除の対象年齢から外すことを決めた。これを不服とする定年退職者の組合などがこれに抗議し、2021年初頭に一度覆った。だがその後に地裁がサンパウロ州とサンパウロ市の方針を認める判断を行ったため、無料乗車は65歳からに変更された。

 これにより、今年の2月1日から、この年齢層の人たちは通常料金を課されていた。
 だが7日、サンパウロ州の財政裁判所第3法廷判事が、「州や市の財政確保を安定化させることを目的とした理由以外の法的必然性が感じられない」としてサンパウロ州、サンパウロ市の方針を却下(知事令を無効化)。これにより、60歳から64歳の人は再び、地下鉄やCPTM、バスを無料で利用できることになったが、この決定は即刻適用ではない。
 サンパウロ州政府はすでに、控訴する意向を表明している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着2021年6月23日 《ブラジル》保健相「初回接種を9月に完了」22日にはヤンセン社製到着  新型コロナによる死者が50万人を超え、ワクチン接種の加速を求める声が一段と高まる中、ケイロガ保健相が予防接種計画を見直し、18歳以上の人は9月までに初回接種を終え、年末には2度の接種も完了と21日に約束したと22日付現地紙、サイトが報じた。  予防接種計画の前倒しは […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出2021年6月23日 《サンパウロ市》22日にワクチン接種中断=UBSで在庫切れ続出  サンパウロ市は22日、この日に予定していたコロナワクチンの接種を中止した。同市では前週末からからワクチンの在庫切れを起こす接種会場が続出していた。22日付現地紙、サイトが報じている。  中止に至った背景には、21日午後6時の段階で、市内324カ所のUBSでワクチン切れが起こ […]
  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]