ホーム | ブラジル国内ニュース | 《サンパウロ市》市議会が故ブルーノ市長顕彰=超宗派のセレモニーで

《サンパウロ市》市議会が故ブルーノ市長顕彰=超宗派のセレモニーで

故市長顕彰のセレモニーについて報じる市議会公式サイトの記事の一部

 サンパウロ市市議会で20日午後、16日に亡くなったブルーノ・コーヴァス市長(41)を追悼、顕彰するための超宗派のセレモニーが開かれたと同日付現地サイトが報じた。
 セレモニーが開かれたのは市議会の貴賓室で、様々な宗教のリーダーや後任市長のリカルド・ヌネス氏(民主運動)、市議達が参加した。
 市議会議長のミルトン・レイテ氏(民主党)は若くして逝った故市長を偲び、「ブルーノ氏は全ての市議とざっくばらんに語り、常に謙遜だった。私達は共に手を取り合り、サンパウロが直面する困難や問題に取り組んできた」「彼と仕事をしている時はとても幸せだった。彼は間違いなく天国におり、私達が引き続いて働く様を見守っている」と語った。

故ブルーノ市長(市議会公式サイトより)

 ヌネス市長も悲しみを抑えつつ、「若いのに全ての政党、全ての部署、全ての宗教の人々から尊敬されるリーダーで、聖市市長という立場を超えて前進し得る人だった。民主主義に根差し、善政を目指す対話の人で、常に弱い人達に目を配っていた」と述べた。
 ブルーノ氏と同じ民主社会党のシェシェウ・トリポリ市議は、多宗教、多政党の人々が集まっている様子を指し、亡き市長の遺志に従い、「市民を第一とした働きを継続する」事を約束。
 クリスチャン議員代表のアンドレ・サントス市議(共和者)も、ブルーノ氏が選挙戦で掲げたスローガンの「焦点、力、信仰」を挙げ、「故市長がここにいれば、きっとこの言葉をもって我々を叱咤激励するに違いない。彼の模範に従おう」と述べた。

★2021年5月18日《ブラジル》コーヴァス・サンパウロ市市長死去=祖父同様、任期中に癌で=PSDB内で大激震走る=後任市長はヌーネス氏に
★2021年5月4日《サンパウロ市》コーヴァス市長が休職入院して癌治療に専念=3日に出血でICUへ

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • 特別寄稿=日中戦争とブラジル移民=亡き父の移住の夢果たす=聖州アチバイア在住 中沢宏一2021年6月16日 特別寄稿=日中戦争とブラジル移民=亡き父の移住の夢果たす=聖州アチバイア在住 中沢宏一  北海道稚内の弟から親父敬助が昭和12 […]
  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(24)2021年6月15日 安慶名栄子著『篤成』(24)  さて、バナナ栽培に携わっていた農夫たちの人生は、左程負担ばかりの人生でもありませんでした。多くの日本人の家族が地域で一緒に暮らしていましたが、共に働き、皆助け合いの精神で頑張っていました。特に沖縄県人は、現在までそうであるように、集まって歌い踊るのが大好きでした。子供が生まれ […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(22)2021年6月11日 安慶名栄子著『篤成』(22)  当時、恒成は「へいや」という名の通った新聞社に入社する事が出来ました。そこで仕事をしたおかげで日本語の読み書きが一層磨かれ、流暢な日本語を使えるようになりました。そして夜間学校では自動車工学を学んでいました。  父は兄に農民になってほしくなかったのでした。頭がよく、漢字まで […]