ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サッカーのコパ・アメリカの開幕予定が13日に迫っているが、ギリギリまでまだどうなるかはわからない状況が続いている。最高裁が10日、開催を認めるか否かを審理して開催許可の判断を下した。だが、同杯協賛スポンサーでクレジットのマスターカード、飲料大手のアンベヴといった大企業が、会社のロゴを出すことを拒否する声明を出している(出資は行われる)。サンパウロ州の拒否などもあって、開催地は連邦直轄区とリオ州、リオ・グランデ・ド・ノルテ州、ゴイアス州の予定で、通常なら大きな大会はほとんど行われないところも含む変則的な大会になりそうだ。仮に開催がはじまってもデモなどが予想される。もちろん、コロナ禍が悪化しないかも気になるところ。混乱が起こることは必至だが、はたしてどうなる?
     ◎
 史上稀に見る大激戦の大統領選のペルーで、ケイコ・フジモリ候補が不正を訴え、20万人分の票を無効にするよう求めている。票の内容がわからないと一概に言えないが、選挙民20万人分というのはかなりの数で、簡単に無効にすることはできないと思われる。リードされているケイコ氏と対抗のペドロ・カスティーヨ氏の差は約0・5%ポイントと、昨年の米国大統領選など比較にならないほど僅差だ。10日には同国のラヴァ・ジャット捜査官たちがケイコ氏の身柄拘束を求めるなど、先行きはますます不透明になっている。
     ◎
 8日、サンパウロ市と契約市と契約している清掃業者がコロナワクチンの優先接種を求めて、24時間ストを行った。ゴミが蓄積すると衛生問題にも発展するため、長期化が危惧されたが、ストは予定通り24時間で終わり、9日からは通常業務に戻っている。コロナ禍の中でも休むことなく、第一線で働く人たちは医療従業者や公共交通機関の人たちだけではないことを、心にとめたい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月23日 東西南北  21日から、ブラジルは暦の上で冬に入った。ただでさえ水不足の懸念がささやかれている最中、一年で最も雨が期待できない季節に入るわけだ。今出ている予測だと、今年の冬の降水量は過去の平均を下回る見込みだというから、なお苦しい。さらに、今年の冬は「乾燥している上に寒くなる」と報じられ […]
  • 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?2021年6月23日 【日本移民の日2021年】《記者コラム》すべては「ふりだし」に戻るのか=8年に及んだ「社会闘争」に終止符?  全世界的に注目された2013年6月のサッカー・コンフェデレーション杯での民衆の抗議運動から8年。あの当時から国民は既存の政権に代わる「新しい政治」を求め、それは選挙によって手に入ったように見えた。だが、結局それは「幻想」にすぎなかったことが自覚されつつあり、「コンフェ […]
  • 東西南北2021年6月22日 東西南北  20日のサッカーの全国選手権。サンパウロはサントスにボール占有率で勝りながら、0―2で敗戦。5試合終わって3敗2分の18位と苦しんでいる。今季はここまで意外な展開で、上位3チームをアトレチコ・パラナエンセ、フォルタレーザ、ブラガンチーノといった伏兵が占めている。強豪たちもそろ […]
  • 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄2021年6月19日 特別寄稿=スポーツ界に見るハイブリッドの躍進=国際化で変わる“新日本人”の誕生=サンパウロ市在住  駒形 秀雄  今年4月21日、ゴルフの松山秀樹さんが米国で行われたマスターズでの大会優勝を果たしました。「日本人が初めて海外メジャーを制した」と日本人は大喜びしました。  次いで、6月6日、今度は全米女子オープンで笹生優華(さそうゆうか)さんが優勝、賞金100万ドル(約1億1千万円)を獲 […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]