ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》コロナバックの致死回避率は97%で1位=高齢者感染防止率は低いが

《ブラジル》コロナバックの致死回避率は97%で1位=高齢者感染防止率は低いが

 中国製のコロナワクチン「コロナバック」が、ブラジル国内で使用されているワクチンの中で、致死回避率が最も高いことが、研究結果で明らかになった。19、20日付現地紙、サイトが報じている。
 このことは、保健省全国保健福祉局元局長で、現在は最高裁の保健統括サービス局長のワンデルソン・デ・オリヴェイラ氏が、統一医療保健システム(SUS)のデータを使って行った調査で判明した。
 それによると、2度目の接種から2週間を経た場合、「死に至ったり入院が必要となるような重症化」をコロナバックは97%まで避けることができるという。英国アストラ・ゼネカのオックスフォード・ワクチンの場合は90%、米国ファイザー社製が80%、スイスのヤンセン社製が85%。正式な緊急使用許可が下りておらず、厳しい制限付で限定的な輸入が認められたロシア製のスプートニクVが85%となっている。

 他方、コレイオ・ブラジリエンセ紙によると、マルセロ・ケイロガ保健相は、高齢者への効用の低さから、コロナバックの購入契約を現在結んでいるものだけとし、アストラ・ゼネカとファイザーのワクチンやブタンバックの購入強化を考えているという。
 コロナバックのコロナ感染防止率(医師の対応や入院を必要としない程度の感染の場合)は50・38%だが、高齢者への感染防止効果は低く、75〜79歳で48・9%、80歳以上だと28%だとする別の研究報告が出ている。
 なお、世界保健機関(WHO)は今月、18歳以上の成人へのコロナバックの緊急使用を正式に認めている。

□関連コラム□東西南北

 サンパウロ市では先週から50〜59歳を対象としたコロナワクチンの接種を行っているが、昨日21日と22日はドライブスルー接種場、メガポスト(大型接種場)、薬局での接種は休みとなる。それは、19日までに対象となる人の70%以上が接種を行ったため。対象者は140万人だから、14~19日に100万人近い人が接種を受けたことになる。その間はAMAやUBSのみでの接種となる。23日からは48、49歳の人を皮切りに、40代の人たちへの接種がはじまる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り2021年6月26日 憩の園フェスタ・ジュニーナ=ドライブスルー焼きそば祭り  老人福祉施設「憩の園」を運営する救済会(吉岡黎明会長)は、7月4日に「フェスタ・ジュニーナ/ドライブスルー焼きそば販売」を開催する。  会場は、サンパウロ市のブラジル日本文化福祉協会(石川レナト会長)の駐車場(Bunkyo a Rua Galvão Bueno […]
  • 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判2021年6月25日 《リオ市》「この人からは接種受けたくなかった」=パケター島住民が保健相批判  【既報関連】リオ市とオズワルド・クルス財団(Fiocruz)が協力して行ったパケター島での実験的なコロナワクチンの一斉接種で、ケイロガ保健相から接種を受けた住民が「この人からは受けたくなかった」と痛烈な批判の言葉を発したと21日付G1サイトなどが報じた。  同島では […]
  • 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分2021年6月25日 《ブラジル》米国がワクチン寄付=ヤンセン社製300万回分  ブラジル国内の新型コロナの感染状況が悪化し、予防接種を加速するよう求める声が高まる中、米国がヤンセン社製のワクチン300万回分の寄贈を決めたと23、24日付ブラジル国内紙、サイトが報じた。  ブラジルでの新規感染者は15日に直近7日間の平均が7万人を超えたままで、2 […]
  • なんともブラジル的な接種スケジュール2021年6月25日 なんともブラジル的な接種スケジュール  13日の日曜日、それは突然訪れた。この日、サンパウロ州が50代のワクチン接種予定を突如、「16日からにする」との発表を行った。まず、これに面食らった。  当初の予定では50代のワクチン接種は8月2日から。対象者となるコラム子はその心積りでいたのが、突然「数日後」にな […]
  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]