ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ルーラ裁判の「モロ判決に偏り」正式に=擁護派4判事いたが覆らず

《ブラジル》ルーラ裁判の「モロ判決に偏り」正式に=擁護派4判事いたが覆らず

モロ氏(Fabio Rodrigues Pozzebom)

 23日、最高裁で判事投票が中断していた、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)の担当判事だったセルジオ・モロ氏のルーラ元大統領に対する判断に関する審理の続きが行われた。未投票だった判事たちがモロ氏に有利な票を投じたものの、結果は変わらず、モロ氏は「偏った判断があった」との結果に終わった。24日付現地紙が報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ