ホーム | コラム | 樹海 | 《記者コラム》常にある軍事クーデターの危険性=自作自演で議会や最高裁乱入か

《記者コラム》常にある軍事クーデターの危険性=自作自演で議会や最高裁乱入か

「7日デモは最高裁判事への最後通牒」

2003年9月7日、独立記念日の軍事パレード(ブラジリア、Victor Soares/ABr)

 本日7日、99%は何も起きない。だが万が一、何か起きたら、これから説明するような思考回路に基づいて引き起こされた可能性がある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 金閣寺でお盆法要=2日2008年10月29日 金閣寺でお盆法要=2日 ニッケイ新聞 2008年10月29日付け  ブラジル金閣寺(大畑天昇住職、イタペセリカ・ダ・セーラ市内)は、十一月二日に、ブラジルの盆にあわせた先祖供養、先没者供養を行う。十一時からと午後二時からの二回。 […]
  • 個人経営者法が始動=多くは疑問を払拭できず2009年8月5日 個人経営者法が始動=多くは疑問を払拭できず ニッケイ新聞 2009年8月5日付け  サンパウロ州財務局は三日、個人経営者(MEI)登録の本格的受付を始めたと四日付けジアリオ・ド・コメルシオ紙が報じた。サンパウロ州だけで三十二万人、サンパウロ市だけで十万人が、対象となっている。 […]
  • 木庭五段勝つ=ノロエステ王将戦大会2006年5月5日 木庭五段勝つ=ノロエステ王将戦大会 2006年5月5日(金)  第四十八回ノロエステ将棋王将戦大会が、四月九日、アラサツーバ文協会館で催された。王将位に木庭元幸五段が就き、十七歳の森泉アレサンドロ三段の健闘が目立った。 […]
  • 生長の家=日本語でも結束=全国大会3千人参加して=サンパウロ市2005年7月12日 生長の家=日本語でも結束=全国大会3千人参加して=サンパウロ市 7月12日(火)  第十九回ブラジル生長の家全国大会(日本語)が十日、サンパウロ市クレディカードホールで開かれた。国内の各支部を中心に約三千人が参加。「私たちの愛で地球を守ろう」をテーマに終日さまざまな催しを行った。 […]
  • オンライン授業と対面は共存できる=パンデミック後の日本語教育は《2》=ピラール・ド・スール日本語学校教師  渡辺 久洋2021年9月1日 オンライン授業と対面は共存できる=パンデミック後の日本語教育は《2》=ピラール・ド・スール日本語学校教師  渡辺 久洋  「パンデミック後、授業のオンライン化が進む」という意見がもっぱら聞かれますが、自分はそうはならないと思います。あくまで「オンライン授業」という「授業方法の選択肢が増えただけ」であり、ブラジルの日本語教育全体が「オンライン授業」に変わっていくことはないでしょうし、変わっ […]