ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》9年経てようやくKISS裁判開始=ライブハウス火災で死傷者878人の惨劇

《ブラジル》9年経てようやくKISS裁判開始=ライブハウス火災で死傷者878人の惨劇

事件後、火事現場の前には花束やメッセージカードが山のように積まれた(Leandro LV, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons)

 2013年に242人もの死者を出したリオ・グランデ・ド・スル州のライブハウス「KISS」での火災事件に関する裁判が1日から同州の地裁ではじまった。1日付現地サイトが報じている。
 この事故は2013年1月27日、リオ・グランデ・ド・スル州サンタマリアにあるKISSで、セルタネージャのバンド、バンダ・グリザーダ・ファンダンゲイラが演奏中、発炎筒のように炎が高く上がる花火を使う演出を行ったところ、有毒ガスを発する素材を使った天井に引火して起きた。
 入場者が多すぎたのに加え、煙が短時間で広がる中、避難経路を示す誘導灯が機能しておらず、たった一つの出口に殺到して折り重なって脱出できない人が煙に巻かれた結果、242人が死亡、636人が負傷する大惨事となった。

 死者の多くは退路を断たれて折り重なるように倒れており、一酸化炭素中毒で亡くなっている。サンタマリアは学生街として知られており、犠牲者の大半も大学生だった。
 将来を約束されていた若者たちが亡くなり、後遺症に悩まされる人たちも多数出たこととや現場の悲惨さは、多くの人たちの涙を誘った。
 その後もこの事件に関する裁判はなかなかはじまらなかったが、発生から8年11カ月を経て、ようやく陪審裁判がはじまった。
 今回の裁判ではKISSのソーシオ(共同経営者)2人(エリサンドロ・カレガロ・スポール、マウロ・ロンデロ・ホフマンの両被告)、バンダ・グリザーダのヴォーカリストのマルセロ・デ・ジェズス・ドス・サントス被告、音楽プロデューサーのルシアーノ・ボニーリャ・レオン被告の4人が裁かれることとなる。

★2013年1月29日《ブラジル》南大河州=ナイトクラブで大火災=史上2位の231人死亡=バンドの炎の演出が原因
★2013年1月30日《ブラジル》ナイトクラブ大火災=涙にくれるサンタマリア=葬儀と追悼行進行われる=ボランティアの人々も殺到
★2013年8月1日《ブラジル》KISSの大火災事故から半年=各々の立場で現状を語る=27日には記念の集会も

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • メンサロン=実刑判決直ちに実行か=検察特捜局が最高裁に嘆願=バルボーザ長官1人で判断2012年12月21日 メンサロン=実刑判決直ちに実行か=検察特捜局が最高裁に嘆願=バルボーザ長官1人で判断 ニッケイ新聞 2012年12月21日付け  ロベルト・グルジェル連邦検察庁特捜局長官が19日、メンサロン事件で有罪となった被告への刑を即刻実行するよう最高裁に嘆願した。20日付伯字紙が報じている。 […]
  • 《ブラジル》経済相が財務特別局長を解任=予算審議などでの衝突から2021年4月28日 《ブラジル》経済相が財務特別局長を解任=予算審議などでの衝突から  21年度の年間予算法(LOA)裁可を待ち構えていたように、ゲデス経済相が27日、ヴァルデリ・ロドリゲス財務特別局長を解任したと同日付現地サイトが報じた。  ロドリゲス氏は財政改革の推進役でもあった人物だが、連邦議会がLOAを承認した際、議員割当金関連の支出の割合を増 […]
  • 米国諜報機関=ブラジルでも大量の情報収集=本国に次ぐ23億件?=他国との通信も対象狙う=連警なども捜査に乗り出す2013年7月31日 米国諜報機関=ブラジルでも大量の情報収集=本国に次ぐ23億件?=他国との通信も対象狙う=連警なども捜査に乗り出す ニッケイ新聞 2013年7月9日  米国家安全保障局(NSA)による個人情報収集プログラムの存在を暴露した米中央情報局(CIA)元職員、エドワーズ・スノーデン氏に関する報道が続く中、ブラジルでも、米本国に次ぐ23億件の電話やメッセージなどの情報が収集されていた事などが明らかにな […]
  • メキシコで神様になる方法2015年10月3日 メキシコで神様になる方法  県連の「ふるさと巡り」でメキシコを訪問した。道中のあれこれは別稿で紹介することとして食でいえば参加者に不評だったようだ。メキシコ料理は、2010年にユネスコの無形文化遺産に認定、日本でも人気だ。「辛すぎる」「ごはんものがない」という声にみるように料理自体が年配の日本人向きでは […]
  • 大耳小耳2013年11月30日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年11月7日  百歳表彰者はブラジル内その他地区で、クリチバに5人、ベレン、リオに1人ずつ。ホノルル4人、サンフランシスコ2人、ペルー2人、メキシコ2人と続く。ブラジルが圧倒的に多い。福嶌総領事は、百歳表彰は主に申告制となっており、親族らが領事館に伝えるこ […]