ホーム | ブラジル国内ニュース | ボルソナロが米タイムス誌「21年の世界の顔」に=ネットアンケートで1位

ボルソナロが米タイムス誌「21年の世界の顔」に=ネットアンケートで1位

米タイムス誌サイトのトップページ

 7日、米国誌「タイム」がネット上で行った「今年の世界の顔」を問うアンケートでボルソナロ大統領が1位になったことが発表された。
 同誌サイトによると、ボルソナロ氏は900万人ほどが投票したアンケートで、4分の1の票を獲得したという。こういうネット上のことにかけるボルソナロ氏支持者のエネルギーは、毎度のことながらすごい。

 同誌が毎年12月に発行する「今年の顔」特集号の表紙は全世界的に期待されているが、この日のサイトでは「良くも悪くも今年を象徴した人が選ばれる」とこの企画を定義している。
 同サイトでは、ワクチン接種拒否の姿勢や、フェイクニュースで最高裁の捜査対象となっていることなどに触れつつ、ボルソナロ氏を「物議を醸すリーダー」として紹介していた。

★2021年10月26日《ブラジル》ボルソナロ「コロナワクチンでエイズ蔓延」 再び虚報拡散で動画削除=英国政府や大学が完全否定=CPI報告書の罪状に加わる?
★2021年10月15日《ブラジル》「ワクチン接種は受けない」ボルソナロ大統領が新宣言=保健相は感染抑制の鍵と擁護
★2021年6月19日《ブラジル》ボルソナロ「集団感染はワクチンより効く」=ライブで問題発言連発=コロナ死者50万人目前に

image_print

こちらの記事もどうぞ