ホーム | 連載 | 2011年 | 第5回世界のウチナーンチュ大会=子孫と沖縄結ぶ「万国津梁」=母県と県人会の関係探る (ページ 2)

第5回世界のウチナーンチュ大会=子孫と沖縄結ぶ「万国津梁」=母県と県人会の関係探る

 母県と県人子孫の心の絆とは何なのか。それはいつまで継承されるものなのか――どんな県人会にとっても重要なこの問いに答える壮大な取り組みが、いま沖縄で行なわれている。5年に一度の「世界のウチナーンチュ(沖縄県人)大会」に参加するためにブラジルから1千人以上が馳せ参じたこと自体凄いことだが、ただ単にその現象を報じるのではなく、「なぜそんな来ているのか」について分析・推論を連載にした。一体、沖縄県民とその海外子孫に何が起きているのか。琉球大学の招待で大会に参加した機会を利用し、各国の日系社会の状況とそこにおける沖縄系社会の様子に加え、どの県や県人会にとっても役立つ活性化のヒントが含まれていないかを探る。沖縄をたたき台に、母県と県人子孫が一体となって取り組んでいるルーツ意識の掘り起こしについて取材してみた。(深沢正雪記者)

第12回=明治の精神を持つ県系人=ルーツ意識深める二世ら

ニッケイ新聞 2011年12月13日付け  「ここはお国を何万里、はなれて遠きブラジルの、赤い夕日に照らされて、友は野末の石の下」。そんな「戦友」の替え歌が戦前移民の間ではよく歌われていた。夢に見る故郷は、いつも自分が離れた時そのままであった。  全日本移民25万人の過半数である13万人を占めた「団塊世代」(1926年から35年 ...

続きを読む »

第11回=沖縄方言で胸を張る=ルーツ目覚める伯国二世

ニッケイ新聞 2011年12月10日付け  ブラジル最大手エスタード紙の論説委員、保久原ジョルジ淳次さん(65、二世)は息子を連れて世界のウチナーンチュ大会に初参加した。  彼は今年の講演会で「4年前まで自分が日系人だと意識したことはなかった」とブラジル人性を強調していたが、今回「まるで家に帰ってきたみたいだ」と興奮している様子 ...

続きを読む »

第10回=特異なブラジル県人会=戦後移民の多さが特徴

ニッケイ新聞 2011年12月9日付け  ブラジル日本都道府県人会連合会には、おそらく世界で唯一、47県全てが揃っている。米国にも多くの県人会があるが、地域ごとに活動しており、全国規模でまとまった連合会活動をする組織はないようだ。  ほとんどの県人会がサンパウロ市、なかでもリベルダーデ区に集中しており、この高密度な状況は世界でも ...

続きを読む »

第9回=南米各国で存在感示す=沖縄県系が約7割は普通

ニッケイ新聞 2011年12月8日付け  「ぺルーの日系団体で一番大きいのは沖縄県人会、でも全体を統括しているのはペルー日系人協会です」。首都リマで旅行社を経営する玉城ルイスさん(76、二世)は、そう語り、全日系人口は8万〜10万人でウチナーンチュはその7割を占めると補足した。  世界のウチナーンチュ大会の参加者数に関しては、第 ...

続きを読む »

第8回=ニューカレドニア=敗戦で出自を封印した子孫=「沖縄の家」で活性化へ

ニッケイ新聞 2011年12月7日付け  移民史研究家の津田睦美さんはNC県人会の誕生を記述する一文をこう締めくくる。  《日本人の血をひくということだけで差別の対象になった時代、日本人の父親に対する愛情や記憶を封印せざるをえなかった二世は戦争被害者であり、60年以上の時を経て、ようやくそこから這い出し、自分たちの記憶を忘却の彼 ...

続きを読む »

第7回=120年経て覚醒する子孫意識=初訪沖のNカレドニア勢

ニッケイ新聞 2011年12月6日付け  世界のウチナーンチュ大会の開会式会場には不思議な集団が座っていた。沖縄県系人というよりは、普通の白人の一群だ。  「誰だろう」と疑問を感じて声をかけると、初参加のニューカレドニア(以下NC)沖縄日系人会の一団45人だった。オーストラリア大陸の北東部からさらに1200キロほど東の太平洋に浮 ...

続きを読む »

第6回=亜国=終戦5カ月前まで日語報道=最終ニュース「慶良間侵攻」

ニッケイ新聞 2011年12月2日付け  亜国からは今回、最多の200人が参加した。大会取材3回目の『らぷらた報知』編集の崎原朝一さん(77、沖縄)は、「僕自身もう今回が最期かもしれないと思っている。一世はみな、そんな想いがあるから子や孫を連れてきた。だからこんなに人数が増えたんだと思います」と分析する。  最初の移民集団は笠戸 ...

続きを読む »

第5回=米国=「今も新来者が絶えない」=進駐軍と結婚多い戦後女性

ニッケイ新聞 2011年12月1日付け  ブラジルでは1970年代前半以降、ほぼ新来者は途絶えたが、ハワイではまだ続いている。  ハワイには1924年までに20万人もが渡ったが、戦後もアメリカ人との婚姻者に加え、戦前移民の呼び寄せが3親等(現在は1親等のみ)まで認められていたことから数万人が渡った。  『ハワイパシフィックブレス ...

続きを読む »

第4回=移民が支えた母県経済=海外送金が県歳入の6割

ニッケイ新聞 2011年11月30日付け  第1回ハワイ移民団27人をのせて1899(明治32)年12月5日に那覇港を出港した薩摩丸は、1900年1月8日にホノルルに到着した。これを結成したのが〃沖縄移民の父〃當山久三(きゅうぞう)だ。  当時の奈良原繁(しげる)第4代知事(1892—1908年)は薩摩藩出身であり、強権を持って ...

続きを読む »

第3回=記念撮影という〃儀式〃=移民の家系図は世界的資料

ニッケイ新聞 2011年11月29日付け  「なぜ人は記念写真を撮るという〃儀式〃をするのでしょうか?」  10月15日朝、沖縄県立博物館で第1回国際ウチナーンチュ祖先シンポジウムの開会あいさつをしたハワイ州知事のニール・アバクロンビーさんは、展示されている移民の記念写真を差しながら、そんな質問を投げかけ、自答した。  「人間は ...

続きを読む »