ホーム | ガラナ 関連記事

ガラナ 関連記事

心田を開発するアマゾン森林農法=フィリピン農業に貢献した日本人=神奈川県在住 松田パウロ(林業技師)=(3)

椰子酒で乾杯 【無料朝刊サービス登録】PDF版へのリンクに加え、毎日の新しい記事の見出しだけを、本文ページへのリンクをつけてメールで無料配信しています。メールアドレスを書き込み、「申し込み」ボタンを押すだけです。メールチェックのついでに気になる記事をクリック!  太平洋戦争直後、ビザヤの島々に進駐したアメリカの海兵たちは、島の男 ...

続きを読む »

浜松=アドリアナさんが訪日出演!=日本人、デカセギにも好評

 芸能プロデューサー・鎌倉祐子さん(二世)の仲介で、米国の有名バンド「カーペンターズ」のコピーで評判の歌手アドリアナ・マユミさん(三世)が訪日、8月18日に静岡県浜松市で開催された伝統の「浜名湖弁天島花火フェス」(GATEWAY Festival)などに出演した。2日に2人が来社してそのときの様子を語った。  2人は8月10~2 ...

続きを読む »

浜松のイベントに歌手派遣=鎌倉さん「ぜひ私に連絡を」

 芸能プロデューサーの鎌倉祐子さん(二世)は、静岡県浜松市で18日昼から夜まで開催される「浜名湖弁天島花火フェス」(GATEWAY Festival)に、サンパウロ市から歌手アドリアナ・マユミさんを派遣することになったと伝えに来社した。  浜名湖周辺の地域活性化のために弁天島海浜公園で開催されている芸術・音楽イベントで、夜8時か ...

続きを読む »

絵本「私のアマゾン」刊行=陣内すまさんが民話や料理紹介

 アマゾナス州マナウス市在住の陣内すまさん(本名・陣内節子さん)が、アマゾンに関する絵本「大蛇の住む森 私のアマゾン」を日本の啓正社から刊行した。アマゾンで50年生活する陣内さんが、アマゾン川の魚や料理、民話などをまとめ、絵は画家の故・ヴァン・ペレイラさんが担当している。  陣内さんが絵本の作成を企画したのは2年前。「アマゾンの ...

続きを読む »

《ブラジル》三井系子会社がリオの鉄道を傘下に=サービス改善への期待高まる

Superviaの車両(Trilhos do Rio/Flckr)

Superviaの車両(Trilhos do Rio/Flckr)  三井物産株式会社の子会社で、ブラジル国内で旅客鉄道事業を推進する、ガラナアーバンモビリティ株式会社(Gumi)が、リオ市と周辺都市を走る鉄道会社、Supervia社を傘下に収めることが決定したと、29日付ブラジルニュースサイトが報じた。  Supervia社は ...

続きを読む »

■訃報■川田敏之さん

 アマゾナス日系商工会議所元会頭でマナウス在住の川田敏之さんが、胸膜炎により23日に逝去した。享年88。  長崎県出身。59年6月にアクレ州キナリー植民地入植した。63年にトレーゼ・デ・セテンブロ植民地に移転し、その後、マナウスで野菜や果物の卸で生計を立てた。  87年設立されたアマゾナス日系商工会議所の立上げメンバーで、92年 ...

続きを読む »

荒井商事=「カシャサを次のブームに!」=カシャサ協会と協働で普及

(左から)古川主任とヤマト商事の山上正幸さん

 ガラナ・アンタルチカを日本で独占販売する総合商社『荒井商事株式会社』(荒井亮三代表取締役社長、本社=神奈川県平塚市)は、日本カシャサ協会(佐藤裕紀会長)と協働し、日本でカシャサの普及を図っている。  カシャサは、世界で3番目に多く生産されている蒸留酒。同社は約10年前から、ブラジルのヤマト商事を通じて、日本でカシャサを販売して ...

続きを読む »

東京カフェ喫茶ショーに出展=伯企業11社、2千人が試飲食

当日の会場の様子

 日本のイベントスペース東京ビッグサイトで6月6~8の3日間、『第5回東京カフェ喫茶ショー』と『第3回ピザ&パスタエスポ』が併催され、約3万3千人が来場した。ブラジル・ビジネス協議会アジア(BBGAsia)の橋本秀吉代表によると、同イベントには約380社が参加し、在日ブラジル総領事館がブラジル企業の参加を要請、BBGの仲介により ...

続きを読む »

「新しい食感」が魅力=マナウスでかき氷が人気

抹茶あずき味を差し出す篠田さん

 マナウスに昨年オープンしたかき氷屋、「KAKiGORiA Shu 秀」が評判だ。ふわふわした氷の食感と40を超える味の豊富さが客に受けている。本格的な乾季を前に、日本人店主は、これからさらに気温が上がり、かき氷日和が増えることを願っている。 イチゴ、ブルーハワイ、青リンゴといった日本では馴染みの味に加え、アサイーやガラナ味もメ ...

続きを読む »

「ある日曜日」(Um Dia de Domingo)=エマヌエル賛徒(Emanuel Santo)=(36)

 かわいい笑顔とすらりと伸びた手足は、健康的で爽やかなイメージそのもの。この年頃の女の子は、こうじゃなくちゃいけない。この間、渋谷の街で見た、やけに短いスカートをはき、パンツを見せながら地べたに座っていた、不健康で退廃的なイメージの日本の女子高生たちとは大違いだ。 続いて、ガロータの両親に挨拶。初めて会っただけで、子供の教育とし ...

続きを読む »