ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》三井系子会社がリオの鉄道を傘下に=サービス改善への期待高まる

《ブラジル》三井系子会社がリオの鉄道を傘下に=サービス改善への期待高まる

Superviaの車両(Trilhos do Rio/Flckr)

Superviaの車両(Trilhos do Rio/Flckr)

 三井物産株式会社の子会社で、ブラジル国内で旅客鉄道事業を推進する、ガラナアーバンモビリティ株式会社(Gumi)が、リオ市と周辺都市を走る鉄道会社、Supervia社を傘下に収めることが決定したと、29日付ブラジルニュースサイトが報じた。
 Supervia社は リオ市を含め、リオ州内12の市8路線を走り、1日あたりの旅客数は70万人を誇る。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ