ホーム | 日系社会ニュース | 知花がオール一本勝ちで金!=汎米大会柔道66キロ級で=地元開催リオ五輪へ弾み=ビラ・カロンの柔道一家
決勝で一本を奪う知花(Foto: Roberto Castro/Fotos Publicas)
決勝で一本を奪う知花(Foto: Roberto Castro/Fotos Publicas)

知花がオール一本勝ちで金!=汎米大会柔道66キロ級で=地元開催リオ五輪へ弾み=ビラ・カロンの柔道一家

 南北アメリカ大陸の代表選手が一堂に会する4年に一度の祭典、第17回パンアメリカン競技大会が10日、カナダ・トロントで開幕した。来年のリオ五輪に向けての試金石となる同大会で12日、柔道男子66キロ級の知花シャルレス(チャールズ・チバナ、26)が金メダルを獲得した。オール一本勝ちという快挙を達成し、「ブラジル柔道界にとっても大きな勝利だ」と本紙に歓喜の声を寄せた。

金メダルに笑顔がはじけた(Foto: Roberto Castro/Fotos Publicas)

金メダルに笑顔がはじけた(Foto: Roberto Castro/Fotos Publicas)

 知花シャルレス選手=聖市ビラ・カロン区在住=の祖父・知花広範(こうはん)さんはブラジル柔道愛好会の会長を長年務めた人物で、父マリオさんも沖縄県人会の年中行事「柔道大会」実行委員長を務めた根っからの〃柔道一家〃だ。
 大会3日目、準々決勝から登場した知花は、グスタヴォ・ロペス(エルサルバドル)との初戦に臨み、危なげなく勝利した。「今大会は心身共にいい準備ができていた」という自信そのままに1分11秒で一本勝ち。順調なスタートを切った。
 続く準決勝、セルジオ・マッテイ(ベネズエラ)戦でも51秒までに技あり二本で快勝。決勝進出を決めるまで、1分も必要としなかった。
 金メダルを前に立ちはだかったのは、地元カナダのアントワーヌ・ブシャール。組み手で激しい攻防を見せながら、相手に有効を先取される。今大会、初めてリードを許す展開だったが慌てなかった。
 その後、有効を奪い返し振り出しに戻すと、4分13秒、相手が足を絡めてきたところを裏投げで切り返し、一本を奪った。「相手のことはよく知っていたから、ミスを待ってカウンターを仕掛けた」と、エスタード紙が落ち着いたコメントを載せている。
 客席で歓喜する父マリオ、母ヒロコさんら5人の家族にガッツポーズで応え、金メダルの喜びを分かち合った。本紙ポ語版の電話取材に応じた知花選手は、「次の日は全身痛くて仕方なかったが、目標を達成した喜びは大きかった。個人だけでなくブラジル柔道界にとっても大きな勝利だ」と誇った。
 祖父の勧めで3歳から始めた柔道。彼が貫くのは、一本勝ちにこだわる日本の伝統的なスタイルだ。カザフスタンでの世界柔道(8月24~30日)を経て、来年のリオ五輪へ。地元開催の祭典でも、日本式柔道で世界の頂点を狙う。


□関連コラム「大耳小耳」□

 パンアメリカン大会では2日目に登場したフェリペ・キタダイも、柔道男子60キロ級で銀メダルを獲得している。ミュンヘン五輪銅メダリストの石井千秋さんは、「ブラジル人が優勢のパンアメリカンは自信を持って戦える。でも五輪には日本だけでなく欧州にも有力選手がいるから…」と苦戦を予想。とはいえ、来年の地元勢の躍進を期待したいところ。
     ◎
 そんな中、知花シャルレスはメダルの筆頭候補だが、日本選手との相性は決して良いとは言えない。2013年の世界柔道リオ大会では準決勝で海老沼匡に、敗者復活戦でも福岡政章に敗れてメダルを逃した。でも、昨年9月に聖市で行なわれた日伯代表親善試合で、森下純平(10年の世界柔道東京大会で金)に勝っていた。この勢いで来年も勝つ?!

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年2月10日 大耳小耳  青森県弘前市とブラジル視覚障害者スポーツ連盟は、先月31日、20年東京五輪・パラリンピックの際に、伯国の障害者柔道チームの事前合宿を行うための協議を始める覚書に調印した。弘前市は、ブラジルに柔術を広めた故・前田光世(コンデ・コマ)の出身地。その縁から、同市が働きかけて実現した […]
  • ブラジル柔道連盟のパウロ・バンデレー会長2015年3月26日 寄稿=リオ五輪を前に原点見つめる=5月に上村春樹館長来伯へ=ブラジル講道館柔道有段者会会長 関根隆範  昨年8月、安倍晋三総理が来伯された折、ブラジル柔道連盟のパウロ・バンデレー会長は、ブラジルの柔道人口は約200万人を越えたと安倍総理に伝えました。この数字は今まで世界最大の柔道人口を持つと言われていたフランスの約60万人、日本の約40万人を大幅に越える柔道人口 […]
  • 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人2018年7月17日 外務大臣表彰=例年上回る37個人・団体へ=移民110周年の区切りに=クリチバ領管内から最多16人  2018年度外務大臣表彰の受賞者が、本日発表された。ブラジル日本移民110周年を迎える今年は、在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在マナウス総領事館、在レシフェ総領事館、在ポルトアレグレ領事事務所から、例年を上回る計37人の個人・団体が選出された。主な受賞者とその功 […]
  • 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」2017年11月7日 《ブラジル》外務大臣表彰=県連や陶芸家鈴木さんらへ=「これからも友好関係強化を」  平成29年度外務大臣表彰伝達・祝賀式が先月31日に在サンパウロ総領事公邸で行われた。受賞者のサンタクルス日伯慈善協会の石川レナト理事長、柔道家の石井千秋さん、陶芸家の鈴木章子さん、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)に野口泰在サンパウロ総領事から賞状と記念品 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]