ホーム | コラム | 小野リサのBom apetite! | チキンステーキ

チキンステーキ

チキンステーキ

 小さい頃から母の定番で、私の大好きな一品です。
 鶏肉のステーキの付け合わせは、ジャーマンポテトが我が家の食べ方でした。
 ブラジルでは牛肉の次によくいただきます。
 私のおすすめは、若鶏の丸焼き(galeto)です。
 カリカリに焼いてあり、ビールにもよくあいます。
 そういえば、街中でもパン屋さんに行くと、必ず鶏の丸焼きの機械が置いてあり、鶏を一匹丸ごと焼いているのです。それを買って帰り、いただく事もしばしばありました。
 とても美味しくて、あっという間に食べてしまっていた記憶があります。
 焼きあがった若鶏を包丁で食べやすく切りわけて、後は手掴みで頂きます。
 最近は、日本も手掴みで頂くレストランをチラホラ見かけます。
 お箸やフォークで上品に頂くよりも、皆で食卓を囲み、手掴みでワイルドに頂くと、また違う味のスパイスが加わり、とっても美味しいですよ。

 

チキンステーキ

材料

鶏のもも肉4枚
長ネギ1/2本 みじん切り
月桂樹の葉っぱ2枚
ニンニクすりおろし2かけ
オリーブオイル適量
日本酒もしくは白ワイン 大さじ2杯
お酢 大さじ1杯
塩胡椒適量

作り方

  1. 鶏のもも肉を好みの大きさにカットする。
  2. 付けダレをつくる。付けダレはお酢、お酒、塩、胡椒、月桂樹の葉、長ネギ、ニンニク、オリーブオイル。そこに3時間以上漬けて冷蔵庫に入れておく。
  3. フライパンにオリーブオイルを入れて、焼く。

 

小野リサ | Lisa Ono

Lisa Onoブラジル・サンパウロ生まれ。
10歳までの幼少時代をブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。
1989年CDデビュー。ナチュラルな歌声、リズミカルなギター、チャーミングな笑顔で瞬く間にボサノヴァを日本中に広める。
アントニオ・カルロス・ジョビンや、ジャズ・サンバの巨匠、ジョアン・ドナードら著名なアーティストとの共演や、ニューヨーク・ブラジル・アジアなどでの海外公演も行っている。
1999年に発表したALBUM『DREAM/ドリーム』が、20万枚を超えるHitを記録。
以降、日本におけるボサノヴァの第一人者として、その地位を不動のものとしている。

 

こちらの記事もどうぞ

  • Bolinho de bacalhau2015年5月12日 鱈のコロッケ 【美味しい料理は国境を越える!】  ポルトガルの植民地だったブラジルには、ポルトガルの名残が幾つもあります。鱈のコロッケはその一つでもあります。 魚料理を多く取り入れたポルトガル料理には、イワシを始め塩蔵鱈をよく使用します。中でも塩蔵鱈はいろんな調理を楽しめると思います。 […]
  • 鱈のグラタン (Bacalhau gratinado)2015年9月15日 鱈のグラタン (Bacalhau gratinado)  以前も鱈のコロッケをご紹介させていただきましたが、今回は私が1994年にNHKのお料理番組でご紹介しました鱈のグラタンを再びご紹介します。  鱈の事をポルトガルではBacalhauと言いますが、語源はラテン語のBaccalaureu […]
  • ブロッコリーのペンネ (Penne com brócolis)2015年9月1日 ブロッコリーのペンネ (Penne com brócolis)  子供は、お野菜食べるのが嫌いですよね。 そこで、思いきって野菜だけのスパゲッティーを作って食べさせたところ、美味しい美味しいと、おかわりをしたくらいです。 このレシピは、母がブラジルにいた時にベジタリアンの友人がレストランでオーダーした際の、一品でした。 そのレシピを母が我が […]
  • パステス (Pastéis)2015年8月18日 パステス (Pastéis)  ブラジルの街には、あちこちで朝市があります。 ブラジルに住んでいた頃、お買い物が終わって帰るときに、必ず立ち寄るところがありました。 それは市場の端にある「パステス屋」さんです。 実はパステスは、1940年頃にサントスの街で日本人によって作られたそうです。 そ […]
  • Canja de galinha2015年8月4日 チキンスープ 患者にCanja  Canja […]