ホーム | コラム | 小野リサのBom apetite! | パステス (Pastéis)

パステス (Pastéis)

Pastéis

Pastéis

 ブラジルの街には、あちこちで朝市があります。
 ブラジルに住んでいた頃、お買い物が終わって帰るときに、必ず立ち寄るところがありました。
 それは市場の端にある「パステス屋」さんです。
 実はパステスは、1940年頃にサントスの街で日本人によって作られたそうです。
 そしてサンパウロに広まり、1950年頃にリオデジャネイロ、1960年頃に他の州にも広まっていったそうです。
 だから朝市に行くと、OLHA AI OS PASTEIS JAPONES、(日本のパステスいかがですか?)と言って売っているのですね~。
 10センチ四方の正方形くらい大きいもので、それはそれは食べ応えがあるのですが、大きく膨らんでいて、ひとかじりすると、中から湯気が顔一杯に当たるのが面白かったです。
 チーズ味は、ひとかじりするとチーズが伸びて、祖父がブラジルに来て食べた時には、『なんだいこりゃ。面白い食べ物だな』と感心していた事を思い出します。
 そうそう、「パステラリア」では、甘いサトウキビのジュースもよく一緒に飲んでいましたね。

 

パステス (Pastéis)

材料

挽肉 300グラム
玉ねぎ小 みじん切り
パセリ みじん切り 大さじ1杯
シナモン 少々
ニンニク1カケ みじん切り
コンソメ 少々

作り方

  1. ニンニクを炒めて、玉ねぎを炒める。
  2. 次に挽肉を入れて、塩胡椒、シナモン、コンソメを入れて最後にパセリを炒める。
  3. それをパステスの皮に包んで油で揚げる。パステスの皮がないときには餃子の皮に包んで揚げる。
  4. 皮の中身は溶けるチーズを入れて熱いうちにいただくのも美味しいです。

 

小野リサ | Lisa Ono

Lisa Onoブラジル・サンパウロ生まれ。
10歳までの幼少時代をブラジルで過ごし、15歳からギターを弾きながら歌い始める。
1989年CDデビュー。ナチュラルな歌声、リズミカルなギター、チャーミングな笑顔で瞬く間にボサノヴァを日本中に広める。
アントニオ・カルロス・ジョビンや、ジャズ・サンバの巨匠、ジョアン・ドナードら著名なアーティストとの共演や、ニューヨーク・ブラジル・アジアなどでの海外公演も行っている。
1999年に発表したALBUM『DREAM/ドリーム』が、20万枚を超えるHitを記録。
以降、日本におけるボサノヴァの第一人者として、その地位を不動のものとしている。

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブロッコリーのペンネ (Penne com brócolis)2015年9月1日 ブロッコリーのペンネ (Penne com brócolis)  子供は、お野菜食べるのが嫌いですよね。 そこで、思いきって野菜だけのスパゲッティーを作って食べさせたところ、美味しい美味しいと、おかわりをしたくらいです。 このレシピは、母がブラジルにいた時にベジタリアンの友人がレストランでオーダーした際の、一品でした。 そのレシピを母が我が […]
  • Feijoada2015年5月26日 フェイジョアーダ 【みんな大好き、パワーの源!】  フェイジョアーダはブラジルで代表的なお料理です。ブラジルではどこのレストランに行っても毎週水曜日と土曜日になると食べられるお料理です。とてもスタミナがあり、お好みで豚足や豚の耳なども入れます。 フェイジョアーダを頂く際の注意として、夕食に […]
  • ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ2018年8月14日 ブラジル沖縄県人移民110周年=同胞の絆で世界的人脈形成へ=次世代にウチナー精神継承を!=国境越えるウチナーンチュ  1908年に第1回移民船「笠戸丸」がサントスに着港し、沖縄県移民325人がブラジルの地を踏んでから110年――約190万人と言われるブラジル日系人のうち約1割を占め、その規模を遥かに上回る存在感を持つ沖縄系コミュニティ。その中核組織、ブラジル沖縄県人会(島袋栄喜会長) […]
  • 移民110周年=7月中旬から約2週間か=眞子さま、ブラジルご訪問=お立ち寄りに期待の声続々2018年4月28日 移民110周年=7月中旬から約2週間か=眞子さま、ブラジルご訪問=お立ち寄りに期待の声続々  秋篠宮同妃両殿下のご長女・眞子さまが、7月中旬から約2週間かけてブラジル公式訪問を検討していると宮内庁が27日に発表したとして、朝日新聞や毎日新聞など複数の日本メディアが報じている。眞子さまの海外公式訪問は、昨年のブータン王国に続く4回目。今回、ご滞在予定が約2週間と […]
  • 石川県人会創立80周年記念式典=県人移住百年、会館22年=副知事ら15人来伯慶祝=母県体験制度存続を要請2017年10月14日 石川県人会創立80周年記念式典=県人移住百年、会館22年=副知事ら15人来伯慶祝=母県体験制度存続を要請  ブラジル石川県人会(森永正行ジェラルド会長)は、『ブラジル石川県人会創立八十周年 石川県人移民上陸百周年 石川県人会館二十二周年記念式典』を8日、サンパウロ市内のパウリスタ大通りにあるクルベ・オムスで開催した。母県からの慶祝団として竹中博康副知事や米澤賢司県議会議長ら […]