ホーム | 連載 | 2003年 | 越境する日本文化 カラオケ | 越境する日本文化 カラオケ(10)=舞台上ではスターの気分=「今後10年は廃れない」

越境する日本文化 カラオケ(10)=舞台上ではスターの気分=「今後10年は廃れない」

3月1日(土)

 日系社会には娯楽が少ないということが、カラオケブームが続く理由だと、歌謡団体の関係者らはみる。
 舞台に立って歌い、観客から拍手を受ける。スターになったような気分を味わえるところに、カラオケ大会の大きな魅力がある。
 楽屋や会場では、「あの人はエストラにカテゴリーが上がった」などと、噂話が飛び交い、出場者の競争心を煽る。
 小野智恵美さん(二二、三世)は、「カラオケはレジャーだ」と、言い切る。各種カラオケ大会で優勝。ブラジル代表として日本の舞台にも立ち、レコード会社からプロ契約の話も舞い込んだ。あっさりと断った。
 「楽しみで歌っているだけだから」。
 両親と三姉妹。家族五人とも大のカラオケ好きで、頻繁に大会に出場する。
     □
 歌謡団体や愛好会の間で、友人たちとカラオケでストレスを発散するといった意識は薄い。真摯に取り組む姿が目立つ。
 このスタイルに対して、カラオケボックスはどう、考えているのか。
 Porque・Sim(リベルダーデ区)の大島大輔店長は、「うちは、部屋を貸していくらの商売。ただの部屋であってはならない」と、カラオケボックスが生き残っていくための条件を挙げる。
 友人同士でカラオケを楽しむというグループと、誕生日などのパーティーに利用する人と客層は大きく分けて二つ。
 最近は、アニメブームの影響で、アニメソングを目当てに来店する人もいる。
 カラオケ大会との競合は無いという。
 時間を基本に貸与する以上、快適な空間でなければ、客は集まらない。会議でも、魅力ある空間つくりが議題に上る。常に新曲を入れることで、顧客のニーズに応えていきたいところだ。
 東京ワンダーランド(ジャルジン区、上田太郎社長)も、似たような状況。新曲についての問い合わせ電話がよく入る。
 九六年に開店、今年八年目を迎える。当初、来店者のほぼ百%が日本からの駐在員だった。
 非日系人の中には、モーテルと混同する人もおり、部屋に避妊具が残されていたこともある。
 新聞やテレビのコマーシャルで広報。今は、駐在員、日系人、非日系人の割合が五対四対一対になった。徐々に、ブラジル社会にも浸透し始めた。
 上田社長は、「歌うことは楽しいし、ブラジルに根付くと思う」と、いずれはカラオケボックスが市民権を得るだろうと見通しを立てる。
     □
 日系社会のカラオケについて、北川彰久日伯音楽協会長は、「自己満足の世界だから、廃れることは無い」と、今後十年は、現状が続くとの見解を持つ。
 ただ、文化、習慣の違いから、非日系人がカラオケ大会にぐいぐい食い込んでいくのは難がある。
 大会というある種の密室では、治安の心配はまずない。日本語、日本文化にも触れることになるから、親は子を大会に同伴したがる。
 智恵美さんの母、照美さん(二世)は、「目の届く範囲に、子供がいる。日系人の青年と付き合ってくれるのなら安心」と、話す。
 日系社会で演歌が途絶えることはなさそう。カラオケ愛好者や歌謡団体を無視して、コロニアを語れない。(この項終わり、古杉征己記者)

■越境する日本文化 カラオケ(1)=ブラジル〝上陸〟後30年=日系コロニア、冷めぬ熱

■越境する日本文化 カラオケ(2)=郷愁がマイクを握らせる=演歌3分間で戻る青春

■越境する日本文化 カラオケ(3)=亡き両親に贈りたかった演歌=開業医、毎日向上めざす

■越境する日本文化 カラオケ(4)=レーザーの映像で知る=日本の風景や風俗

■越境する日本文化 カラオケ(5)=67年9月に初導入=人気歌手・西郷輝彦の公演で

■越境する日本文化 カラオケ(6)=カラオケ・スナック〝登場〟=「どんぐり」元駐在員夫人がママ

■越境する日本文化 カラオケ(7)=大使や五木ひろしも来た=〝先発〟「どんぐり」10周年で閉店

■越境する日本文化 カラオケ(8)=サンパウロ市の愛好会数120余=日文連は「講座」設置を検討

■越境する日本文化 カラオケ(9)=人気を呼ぶビデオケ=誕生祝いや結婚式にも

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボウソナロ政権内で、ボウソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボウソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す2019年1月29日 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す  サンパウロ州リベイロン・ピーレス市のヴィクトリア・バッシちゃん(11)が、スケートボートのブラジル代表候補21人の一人に選ばれた。  スケートボード競技には、街にあるような、階段や手摺り、ベンチや坂道を直線的に配置したコースで行われる「ストリート」と、深いお椀をいく […]