ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年5月1日付け

 ルーラ大統領はチリのラ・モネーダ宮でバチェレ女性大統領と会見、カメラマンからフラッシュの嵐を浴びた。
ル「私のモテモテ振りには、驚いたでしょう」
バ「この間の歓迎振りはもっと凄かったのヨ。私驚いちゃったワ」
ル「それは、どこの大統領が来たときかネ」
バ「大統領ではなく、人気歌手を招いたのヨ」
     ◎
 昨年九月のGOL航空機墜落事故から七カ月。政府は事故防止対策の航空管制システム変更と管制官の再教育を実施していないことが判明。事故原因の調査が終了してからと空軍は悠長な構え。
     ◎
 フォーリャ・デ・サンパウロ紙始めフォーリャグループの総帥オクタヴィオ・フリアス・デ・オリヴェイラ氏が二十九日午後、サンパウロ市内の病院で腎不全のため死去した。九十四歳。十四歳でオフィスボーイとして働き始めた同氏は一九六二年にフォーリャ紙を買収。その後、同紙をブラジルを代表する新聞に育て上げた。
     ◎
 二十九日のパウリスタ選手権決勝第一戦でサンカエターノが二対〇でサントスを下し、王手をかけた。六日に行われる第二戦は一点差で負けても
優勝が決まる。
     ◎
 軍警は二十八日夜、サンパウロ州ジアデーマ市で現金と大麻で警官を買収しようとした若者二人を現行犯逮捕。
     ◎
 サンパウロ州水道局(Sabesp)が昨年一月から今年二月までの間にサントス地方と南部海岸地方で人の消費に不適切な水を配給していたことが内部調査で明らかに。有機物派生物質の含有量が基準値を超えているという。健康に問題はないと同局。三〇分以上沸騰させる必要があると専門家。

image_print

こちらの記事もどうぞ