ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年6月30日付け

 仲のよいチアン・ヴィアナ上議(労働者党=PT)とエレーナ元上議(自由社会党=PSOL)が、街で出会った。
チ「たまにはコーヒーでも飲みにきて、旧交を温めようヨ。ワシらは睦まじい仲じゃないか。」
エ「でも二人だけで旧交? 毒見役も連れて行った方がいいかナ?」
チ「あなたの大嫌いなイデリ上議がコーヒーの毒見をするってヨ。三人で仲良しゴッコも、楽しいのじゃないかナ?」
エ「あー、彼女のコーヒーなら、あなたが毒見をしても飲まないワ」
     ◎
 連邦検察庁は新しく上院倫理委員会委員長に就任したキンタニーリャ新上議(ブラジル民主運動党=PMDB)を収賄の容疑で追及している。同上議は一九九八年に公共工事予算を修正した見返りに、工事請負会社から二八万レアルを受け取った疑い。連邦最高裁も二〇〇五年六月と十一月に、公金横領と税法違反の疑いで同上議に対し尋問を行っていた。
     ◎
 政府は二十八日、来月二日午前〇時に迫っていた銃器登録更新期限を今年十二月三十一日まで延期することを決定。
     ◎
 聖市市警は二十八日、現金自動預け払い機にプログラムを仕掛け、預金を横流ししていた容疑で軍警一人を含む男六人を逮捕。
     ◎
 大聖市圏サンベルナルド・ド・カンポ市の市立小学校で二十七日午後、女性教諭(47)が教室に入らずトイレに逃げた四年生(九歳)の児童を指導中、児童が突然ドアを閉めたため、右手人差し指をはさまれて先端を切断した。児童は先週も副校長の顔に頭突きをくらわせた問題児で、学校側は精神鑑定を受けさせた後、児童を転校させるかどうか検討する。

image_print

こちらの記事もどうぞ