ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2007年10月27日付け

 以前、アマゾンの熱帯果実「クプアスー」の登録商標をした日本企業が、ブラジル内で批判にさらされた。今度は「サンバ」と「ボサノバ」の登録商標が問題になっている。この二つが米国とオーストラリアですでに登録されており、その名前を使った音楽CDなどをブラジルから輸出するときに問題になる可能性があると二十四日付けオ・グローボ紙サイトで記事がでた。その他、チリ、スペイン、日本でも「サンバ」が登録済みだという。一体、誰がそんなことを?
      ◎
 来年一月から友好病院に経営管理が統合される援協総合診療所。これにあわせて同診療所には超音波診断装置(九万六千レアル)が導入される。関係者によれば、これまで同診療所が使っていた同装置は「医師の個人の持ち物で年季物の一品」。「そのため友好病院なら見つかる病原が診療所で発見できなかった」ということもあったそうだ。福祉センター建設に先立ち、今回の機器導入で安心して医療検査が受けられる体勢を整え、「診療所の経営収支を安定させたい」と関係者は考えているようだ。
     ◎
 四百六十一本の映画が公開されている「第三十一回サンパウロ国際映画祭」では、日本映画十本が楽しめる。ブラジル人にも人気がある北野武監督の最新作「監督・ばんざい!」は、ギャグも満載で「北野武」で「ビートたけし」を楽しめる内容。三十日午後四時半から、HSBC・Belas・Artes(R,Consolacao・2423)で最終上映が行なわれる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2011年12月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年12月13日付け […]
  • 原田悠里さん南米初公演=文協=1300人来場の人気=ポ語の曲でもファン喜ばせ2010年7月28日 原田悠里さん南米初公演=文協=1300人来場の人気=ポ語の曲でもファン喜ばせ ニッケイ新聞 2010年7月28日付け  演歌歌手の原田悠里さんが18日午後、文協大講堂で南米では初めてとなるサンパウロ公演を行い、1300人の来場者に会場は2階席まで満員となった。原田悠里ブラジル公演実行委員会(横田パウロ委員長)が主催。アマゾンなどブラジル各地からファンが […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選2016年11月10日 ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 木々芽ぐむ枝にぎやかに差し交わし 森の穂にアララが騒ぎ初明り 万緑の中漂へる鷺一羽 大雷の鳴り夕立のはたと止む […]
  • ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選2016年10月14日 ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選 アリアンサ         新津 稚鴎 淋しさの寒月光に身を委ね 麻州野の大夕焼の森閑と 鳳梨売る砦の如く積み上げて 霧の中飛び来るは皆トッカーノ グァタパラ         田中 独行 巻き風の吹き上げておりパイナ飛ぶ […]