ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2009年1月9日付け

 サンパウロ州内陸部ピラポジーニャ市では、五歳以下の幼児八〇人以上を預かる保育所で、五日に六匹、六日に四匹のサソリが見つかった。被害が出ないよう、保育所は当面閉鎖となったが、同保育所では数年前からサソリ侵入が起きていたという。市内に五カ所ある他の保育所も満杯の上、順番待ちの子供が多数おり、幼児らの受入れ先は未定。
     ◎
 佐世保市のスイミングプールでの猟銃乱射事件ではないが、サンパウロ市西部のアカデミアで七日夜、外から入ってきた男性が受付にいた二三歳の女性を射殺。犯人は十一月に別れたという被害者の元恋人で、四発を連射後、逃亡した。被害者が新しい恋人と付き合い始めたことで逆上した末の犯行と見られているが、被害者はこれまでにも暴行や脅しを受けていたという。
     ◎
 十二月三十日にベロ・オリゾンテ市からリオ市に向かった単発機が消息を絶ち、捜索が続けられていたが、七日になり、リオ州ヴァレンサ市はずれのモーロ・ダ・コンコルディアで、会社経営者のアントニオ・ペレイラ・ダ・マッタさんと妻のイレーネさん、娘のエリーザさんの遺体と飛行機の残骸が発見された。遺体と残骸の収容作業は八日に開始された。
     ◎
 サンパウロ市では七日夜、〇九年カーニバルの女王とレイ・モモの選考会が行われ、女優でダンサー、〇八年優勝のヴァイ・ヴァイ所属のカミーラ・アパレシーダ・ダ・シルヴァさんが女王に、九一キロと候補者中最軽量で教師、モシダーデ・アレグレ所属のロベリオ・テオドロ・デ・ソウザさんがレイ・モモに選ばれた。七日に開始のグローボ局のカーニバルの宣伝で四度目のマスコットを務めているのは、カリオカのアリーネ・プラドさん。

image_print

こちらの記事もどうぞ