ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年6月19日付け

 きのう6月18日は「移民の日」である。781人の移民を乗せた笠戸丸がサントス14番埠頭に着岸したのを記念した移民や子孫らの集いであり、年を重ねる毎にミサや仏式法要が寂しくなるのはやむをえまい。あの沖縄移民ら数多くの人 々が夢を膨らませブラジルの大地を踏みしめてから100と2年、すべてが遠い昔になってしまい記憶も薄れる▼日系4世になると、非日系のブラジル人と結婚するのが60%を超える時代であり、こうした若い人々に「笠戸丸」云々と話しても、理解を得るのは―正直に言って、難しい。日系の青年や若い女性が今のような結婚観を持ち続ければ、あと半世紀もしないうちに、日系社会(多分―消滅する)の構成は混血ばかりになる可能性が極めて高く、そういう現実が迫っている事実にもっと目を向けていい▼日本人移民の1人としては、例え混血になろうとも、あるいは10世になろうが、先祖らは遠い日本から海を渡ってきた大和民族の誇りを持ちたい。先輩移民はここブラジルで苦労したが、北米への日本人移民も艱難辛苦だった。1897年代(明治30年代)に日本人移民らは北米の西部にある炭鉱や鉄道敷設に従事し辛酸を舐めたが、落盤などの事故が多く犠牲者もいる。ところが、墓はあるけれども、亡くなった人の名や苗字は彫られていない。こんな移民の無縁仏はブラジルにもある▼イビラプエラ公園の「開拓先没者慰霊碑」は、こうした先輩らの墓である事も忘れないでほしい。「移民の日」に参拝はできなくとも、公園に遊びに行ったときには、せめて線香を一本捧げたい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 今年6月18日、サンパウロ市イビラプエラ公園内にある先没者慰霊碑前で行われた追悼法要の様子2015年6月29日 ニッケイ俳壇(843)=富重久子 選    プ・プルデンテ       小松 八景  移民の日語り伝へて次世代へ【六月十八日はいみじくも「移民の日」である。戦後移民の私共には、その苦労の真相は新聞や書籍、或いはその方々から聞かされる実話によるしかないが、つくづく身にしむ思いの募るものばかりであった。ここに掲げ […]
  • 新次元の日伯協力関係へ=駐ブラジル日本国大使 三輪 昭2013年6月29日 新次元の日伯協力関係へ=駐ブラジル日本国大使 三輪 昭 ブラジル日本移民105周年 ニッケイ新聞 2013年6月15日  第105回目の「日本移民の日」を迎えるにあたり、心よりお祝いを申し上げます。 […]
  • 新たなパートナーシップ=ブラジル日本商工会議所 会頭 藤井 晋介2013年6月29日 新たなパートナーシップ=ブラジル日本商工会議所 会頭 藤井 晋介 ブラジル日本移民105周年 ニッケイ新聞 2013年6月15日  ブラジル日本移民105周年記念日を迎えるにあたり謹んでご挨拶を申上げます。 […]