ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2011年12月9日付け

 8日に120周年の節目を迎えた聖州の〃顔〃パウリスタ大通り。今年のXマスの飾り付けは例年より豪華な感じだ。真っ赤な厚手の上着を着こんだ巨大なサンタ(人形)があちこちに座り込み——こう言ってはなんだが——見るからに暑苦しそうだ▼夏の南米なんだから水着姿とか、黒いマリア様で有名なアパレシーダのようにアフリカ系サンタを採用してもいいのではとも思うが、あくまで北半球の伝統に忠実だ▼この通りを設計したウルグアイ人のジョアキン・エウジェニオ・デ・リマ技師は「聖州民への顕彰としてパウリスタ大通りと名付ける」との言葉を残している▼1909年、ドイツから全ての材料を輸入してアスファルト舗装したのは、欧米でさえ舗装が珍しかった当時、大農場主の邸宅が立ち並んでいた頃の珈琲景気の名残だ。ちなみに今年は、パリのオペラ座をモデルにした聖市立劇場100周年でもあった▼聖市の中心、セー大寺院は1913年に建造が開始され、二度の世界大戦に邪魔をされ、ようやく1954年に開所式にこぎつけた。つまり1910年前後、笠戸丸が着いたころに現在の聖市の主だったものの形が生れた。日本移民と聖市の発展は表裏一体だ▼地形的に見ると、同大通りが聖市で一番小高い丘になっており、テレビ塔が集中している。地下鉄も「パライゾ」(天国)から始まって「コンソラソン」(慰め)に終わる。実にカトリック大国らしい駅名だ▼今週末から日本で行われるクラブW杯で、かつてカズが活躍した強豪サントス(やはり1912年創立)が世界一になれば、きっと同大通りで盛大な祝勝会が開かれるに違いない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ