ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年2月8日付け

 最近のニュースを見ていると、この国はスゴイところだとしみじみ感じる。敵対文明から攻撃された訳でもないのに、リオの街中では20階建てのビルなど3棟が突然崩壊した。と思ったら、今度はサンパウロ市近郊のサンベルナルドでもビルの一部が崩れた▼特にリオの件では、爆風が吹き寄せる崩落現場の映像は9・11を連想させるものだった。入居者自らが壁や柱を撤去しすぎて建物全体のバランスが崩れて崩壊した〃自爆〃との見方が強いが、はっきりしない。多くのアパートで改修して壁を取り除き、勝手に窓を作っている。それが問題なら、リオの件は特殊事例ではない▼驚くのは、サントス市内の海岸部に立つアパート群には「ピサの斜塔」ばりに傾いているものが幾つかあることだ。その住人が床にボールを置くとコロコロと転がっていく様をニュースで見た。あれが倒れずに、まっすぐに立っているビルが崩壊するというのは、ガルシア・マルケスの文学のような不条理さだ▼バイア州都サルバドールでは軍警が妻子連れで州議会に立てこもって賃上げストを断行し、陸軍兵士が取り巻いた。火器携帯を許された公権力同士が相対するという構図は、法治国家における〃内乱〃的な絵だ▼恐ろしいのは、ストに入ってわずか1週間で同州内の殺人事件が激増して100人も殺害されたことだ。どれだけの犯罪予備軍がいるのかと想像するだけで空恐ろしくなる。社会に自然発生的な暴力欲求が渦巻いている▼社会全体が〃解放〃を求めているから同地カーニバルは爆発的なエネルギーに溢れている。明るすぎる音楽と踊りの裏にある、民衆の抑圧感を思うと気が遠くなる。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子2020年10月31日 特別寄稿=16世紀の日本人女性奴隷哀史=サルバドールに「女官」いた?=サンパウロ市ヴィラカロン在住 毛利律子  「16世紀ごろに、日本人が奴隷としてヨーロッパ人に売られていた」。このような歴史的事実を、現代日本人がどのくらい知っているだろうか。  去る10月20日付けニッケイ新聞「樹海」拡大版、深沢編集長による「16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒」を読んだ。「南米に渡った日本 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 第63回パウリスタ・スポーツ賞=「苦難乗り越え、今日の活躍」=19種目から25人が受賞2019年8月21日 第63回パウリスタ・スポーツ賞=「苦難乗り越え、今日の活躍」=19種目から25人が受賞  ニッケイ新聞主催の『第63回パウリスタ・スポーツ賞』の贈呈式が今月9日、サンパウロ市議会の貴賓室で盛大に開催された。戦後の勝ち負け抗争で二分された日系社会において、スポーツ振興を通じて融和を図る目的で創設された同賞。今年は19部門から25人が受賞し、家族や友人らも合わ […]
  • バイア州の軍警がスト=軍出動も商店強奪が多発2014年4月18日 バイア州の軍警がスト=軍出動も商店強奪が多発 ニッケイ新聞 2014年4月18日  バイア州軍警が15日にスト入りし、軍も出動したが、商店やスーパーなどの強奪などが連続的に起きていると16、17日付伯字紙や各紙サイトが報じた。裁判所は16日にすぐに勤務に戻るよう命じたが、同日夜の総会で継続が決まった。 州政府の要請を受け、 […]
  • コラム 樹海2013年2月19日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年2月19日 […]