ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年2月14日付け

 リオ市北部マドゥレイラで12日夜、カーニバルの練習に集まったエスコーラ・デ・サンバ〃ポルテラ〃関係者の中を、犯罪者が乗った盗難車が走り抜け、女性1人が死亡、約30人が負傷する事件が起きた。軍警パトカーに追われたメルセデス・ベンツが人の群れを引っ掛けて逃げた後も、消防士達が救助活動をしている傍の路上で手榴弾らしき物が爆発し、さらに5人が負傷した。現場に居合わせた非番の消防士1人は、救急車12台が着く前から救助活動に参加。自分のケガの手当てよりも家族の方が大事と病院に向かう人々もいたほど混乱した現場ではパトカーの警官も救助活動に加わり、盗難車と犯罪者はまんまと姿をくらましたという。リオ州の警官や消防士のストは、2日目に市警の一部が抜け弱体化。保安局などが対策を講じたため大きな混乱も起きておらず、週末の街にはブロッコも無事繰り出したというが。
     ◎
 2月の米国や欧州は映画賞、音楽賞で盛り上がるが、12日はブラジルも無関係ではなかった。米国の音楽賞、グラミー賞ではボサノバの第一人者アントニオ・カルロス・ジョビンが生涯功労賞を、そして英国の映画賞、BAFTA賞では伝説のF1レーサー、アイルトン・セナに迫った「Senna」が最優秀ドキュメンタリー賞と最優秀編集賞を受賞。ジョビンもセナもこの世にはいないがやはり嬉しい。

image_print

こちらの記事もどうぞ