ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年5月8日付け

 サッカー州選手権決勝戦が10試合あったという6日、聖市モルンビー競技場での聖州選手権決勝第1戦は、サントスがグアラニを3対0で制した。ネイマールとガンソの2人が全得点を叩き出し、第2戦を待たずに優勝の雰囲気さえ醸し出しているが、同試合で2得点、サントスでは104点目を入れたネイマールは、ペレ以後のサントスで104点を上げた先輩が得点時にとった、手を脱力させて身体を揺すりながら数歩走った後、地面に身体を投げ出すというポーズを真似。準決勝の対サンパウロ戦で102点目を挙げた時、コーナーのポールを掴んで回ったの同様、引退した先輩への表敬行為だ。1点目を入れたガンソは指揮者の真似をするなど、各人各様の祝い方をする選手達。ペレの時代以来初の州選手権3連覇をかけた13日の試合までにもう1試合あるサントスと、1週間調整できるグアラニはどちらが有利?
     ◎
 フランス大統領選でサルコジ大統領が敗北し、17年ぶりに社会党が政権を握ったことは伯国でもトップニュースとして報道。ジウマ大統領は当選したオランド氏に早速メッセージを送り、フランスが欧州危機を乗り切ること、G20などを通じて伯国と共に世界を牽引して行くことへの願いなどを伝えた。GDPではフランスの背中が見える位置に来た伯国だが、これからはより対等な関係となっていくか。

image_print

こちらの記事もどうぞ