ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年4月23日

 サッカー聖州選手権は21日に1次リーグを終了し、決勝トーナメントに進む8強が決定した。ベスト8の組み合わせは「サンパウロFC対ペナポレンセ」「コリンチャンス対ポンチ・プレッタ」「サントスFC対パルメイラス」「モジ・ミリミ対ボタフォゴ」。また、昨年準優勝のグアラーニの二部降格、強豪ポルトゲーザの来季一部復帰も決まった。
     ◎
 聖市の特別巡回機動隊(ROTA)は20日夜、1月8日に南部カンポ・リンポで妊娠9カ月の妊婦ダニエラ・ノゲイラ・オリヴェイラさん(25)を殺害した容疑者の2人の男性を逮捕した。この事件では1月11日に既に容疑者が1人逮捕されている。なお、ダニエラさんが身ごもっていた胎児は帝王切開を受け未熟児ながら出産し、ガブリエラと名づけられて存命中だ。また、ダニエラさんの臓器は現在まで、少なくとも6人の人に提供されている。
     ◎
 伯国の大企業のひとつとして知られる、セメントや建築業大手の「カマルゴ・コレア」の代表取締役、ジルセ・カマルゴ氏が20日死去した。100歳だった。同氏は1994年に創業者だった夫のセバスチオン氏の死去に伴い、同社を譲り受けて取締役に就任。米国経済誌フォーブスによると世界第87位、伯人女性としては最も裕福な富豪で、資産は138億米ドルといわれている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2016年10月15日 東西南北  13日、サンパウロ州ピタンゲイラス市で、15歳の少女ヴァリシア・フェルナンデス・デ・ジェズスさんの遺体が、腹部が切り裂かれた状態で発見された。彼女は妊娠8カ月で、傍らには顔にナイフの痕のある赤ちゃんの死体がバスタオルに包まれ置かれていた。警察は現在、ヴァリシアさんに前日に会っ […]
  • 東西南北2016年4月23日 東西南北  19日未明、パライーバ州カンピーナ・グランデ市マルヴィーナス区の州立校に強盗が入ったが、何も盗らずに立ち去るという事件があった。強盗達は保管庫の扉などを壊した上で、壁に「経済危機は学校まで来ているのか。何も盗る物が無いぞ!!!」との落書きを残した。同校は2カ月前にも狙われてお […]
  • 東西南北2015年5月26日 東西南北  24日、リオ市で1週間で8人目のナイフ強盗の被害者が出た。ジョゼ・クレメンチーノ・ダ・シルヴァさん(55)は同市中央部で378号線のバスの車内でナイフ強盗に襲われた。強盗犯のヴァンデルソン・バルボーザ・フェレイラ(34)はダ・シルヴァさんからタブレットを奪おうとしたが、ダ […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 東西南北2018年1月30日 東西南北  ブラジル電信インフラ協会が先頃、サンパウロ市内における携帯電話のつながりの良い地区と悪い地区の上位10カ所を発表した。それによると、最もつながりやすいのは1位のセー(セントロ)、2位のモルンビーと、10位までは全てセントロと西部地区で占められた。逆に最も悪いのは1位のシダーデ […]