ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年5月18日

 17日午前6時30分頃、アルゼンチン軍事独裁政権のホルへ・ラファエル・ヴィデラ元大統領がブエノス・アイレスの刑務所内で死去した。87歳だった。1976年にクーデターで政権を握り、5年の在任期間中に数万人に及ぶ一般市民の拉致や、飛行機上空から政治犯を落下させた「死の飛行」などの残虐行為を行ったことで知られる。2010年に終身刑判決を受けていた。
     ◎
 聖市の学校の送迎を行うバスの運転手たちが16日にストを行い、530人の運転手が運転を行わなかった結果、1万人の生徒に被害が出た。同業者の組合である運転手代表協会(Artesul)によると8年間、1度も給与調整が行われなかったといい、現在も月給5千レアルを7500レアルにするよう求めて交渉を続けているという。この間、子供たちは徒歩で通わなければならず、病弱で欠席した子供の母親が仕事を欠勤する事態も起きたという。
     ◎
 サッカーのリベルタドーレス杯で、伯国勢はサンパウロ、パルメイラス、コリンチャンス、グレミオが敗退し、ベスト8進出はアトレチコ・ミネイロとフルミネンセの2チームのみになってしまった。準々決勝ではミネイロがティフアナ(メキシコ)、フルミネンセがオリンピア(パラグアイ)と対戦する。4年連続の伯国勢優勝目指して頑張ってほしいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ