ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年8月20日

 サンパウロ市では幹線道路でのバス専用レーン設置が続いているが、19日からはさらに、中央部のブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通り、フランシスコ・マタラゾ大通り、ジョアン・テオドーロ通りと、東部の、アギア・デ・アイア大通りが加わる。1日27万人がバスで通過するB・ルイス・アントニオ大通りや、47の線の利用者が1日29万人に上るアギア・デ・アイア大通りへのバスレーン導入は通勤・通学のスピードアップへの成果が期待されている。バスレーン適用の区間や時間は通りによって異なるので、ご注意を。
     ◎
 18日放送のグローボ局の報道番組「ファンタースチコ」で、サンパウロ市北部の少年刑務所で、2人の看守が6人の囚人に殴る蹴るの暴行を加えている映像が放送され、19日に関係した看守ら5人が解任された。囚人たちは脱獄を試み失敗した後に呼び出されたものだが、暴行を受けた際はパンツ1枚で、裸に近い状態だった。この模様は今年の5月18日に受刑者の携帯電話のビデオ・カメラで撮影された。サンパウロ市の別の少年刑務所では今月、54人の囚人たちが集団脱走している。
     ◎
 17日のサッカー全国選手権2部でのパルメイラスは、対パイサンドゥ戦で0—2の劣勢だったが、後半28分から逆襲をかけ、試合終了間際に逆転して3—2で勝利した。これでパルメイラスは13勝2敗1分で、2位に勝ち点で7点差をつける独走状態となり、11試合連続敗戦なし。1部降格危機のサンパウロが18日のフラメンゴ戦も引き分け、全国選手権12戦連続勝利なしとなったのとは好対照だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年9月28日 東西南北  26日、大統領選候補たちによる討論会がSBT局で行われた。今回もジャイール・ボルソナロ氏は欠席。候補らの標的は支持率2位のフェルナンド・ハダジ氏となり、シロ・ゴメス氏やマリーナ・シウヴァ氏からの厳しい質問がハダジ氏に集中した。シロ氏とマリーナ氏は「左派側からの候補」の座をハダ […]
  • 東西南北2018年5月19日 東西南北  18日付アゴラ紙によると、今年はサンパウロ市で結膜炎(コンジュンチヴィテ)が流行しているという。結膜炎の特徴は、目が赤くなり、目ヤニが多発することなどだが、市の調べによると、今年は5月14日の時点で684件の症例が確認されているという。昨年の同時期は102件だったから、その数 […]
  • 「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!2018年4月17日 「ネイマール2世」ロドリゴ(17)=リベルタドーレス杯に続き、全国選手権開幕戦でもゴール!  ブラジルの国内リーグ戦、全国選手権(ブラジレイロン)が14日に開幕した。開幕ゲーム、サントス対セアラー戦で、注目の大型新人、FWロドリゴ(17・サントス)が先発し1ゴールを決める活躍で、大きな話題を呼んでいる。 […]
  • ブラジルサッカー=全国選手権の日程発表=コリンチャンスの連覇なるか?大型補強でパルメイラスの雪辱なるか?2018年2月7日 ブラジルサッカー=全国選手権の日程発表=コリンチャンスの連覇なるか?大型補強でパルメイラスの雪辱なるか?  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は5日、今年のサッカー全国選手権(ブラジレイロン)の日程を発表した。  今年も一部(セリエA)は全20チーム、ホームアンドアウエーの2回戦総当り方式で38節が行われる。 […]
  • U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ2017年10月31日 U17W杯=ブラジルはマリを降し3位=黄金世代確保に必死の各クラブ  10月にインドで行われたサッカーU17W杯で、ブラジルは準決勝でイングランドに敗れたが、その後3位決定戦でマリに勝ち、3位となった。  優勝こそ果たせなかったが、「久々の黄金世代」と称されるタレントたちの確保のために、各チームが必死になっているという。  この大会には、南 […]