ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年9月25日

 22〜23日の聖州タクアリトゥーバでの竜巻も記憶に新しいが、カンピーナス大学の地理学者が1985年から2011年にかけて行なった調査によると、この間に伯国で起こった竜巻は合計205件で、州別最多の聖州では57回起きている。聖州の場合、25%がサンジョゼ・ドス・カンポスや北部海岸部で起きており、竜巻の最も起こりやすい市はイトゥペーヴァだった。また91年9月にイトゥで起きた竜巻では死者15人の被害も出ている。聖州ではとりわけ強い警戒が必要なようだが、南マット・グロッソや南伯諸州も発生率が高い。
     ◎
 23日未明からの強い雨で同日午前の聖市の交通は大混乱をきわめ、午前9時の渋滞は151キロを記録した。これは7月26日に出た149キロを上回り、13年最悪の渋滞となった。マルジナル・ド・チエテでは10キロ、マルジナル・ド・ピニェイロスでは9・3キロだった。また市内7カ所で冠水が起きたほか、信号機の故障も50機が完全消滅、47機が点滅不良で、計97機に及んだ。
     ◎
 サンパウロFCは現在、名将ムリシー監督を迎えて、全国選手権2部降格を避けるための戦いを展開しているが、その一方でリオの名門フラメンゴの史上初の2部降格の懸念も大きくなってきている。フラメンゴは現在残留スレスレの16位で、前代表監督のマノ監督が辞任。後任に昨年フルミネンセを全国制覇に導いたアベル・ブラガ氏を迎えようとしたが断られた。W杯開催の年に決勝の舞台であるマラカナンを本拠にするチームの降格は避けたいが。

image_print

こちらの記事もどうぞ