ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年11月27日

 10月に行なわれた国家高等教育試験(ENEM)での聖州の学校別ランキングが発表され、聖市南部カンポ・ベロにあるヴェルティス第2校が4年ぶりに1位に返り咲いた。今回の上位10校には、サンタクルス(3位)、サントアメリコ(5位)、リセウ・パステウル(8位)、イータカ(10位)の4校が新たに入り話題を呼んでいる。また、ETEC(聖州立技術学校)サンパウロが上位25位のうち唯一の公立校としてランクインし、12位と健闘したのも光った。なお、昨年1位だった上位常連校オブジェチーボの名は今回入っておらず、同校関係者が現在その理由を問い合わせているという。
     ◎
 聖市南部ジャバクアラのレオナルド・ダ・ヴィンチ大通りにバスが止まらないバス停があると、話題になっている。このバス停は、盲人用の識別マークまで入っているもので、さらに「このバス停は直に屋根のあるものに替えられます」との表示まである。住人によると、このバス停表示はひと月ほど前に立ったというが、その前にも同じ場所に古いバス停があり、そこにバスが止まったことが3年以上ないという。住人が市に問い合わせたところ、市は設置場所の間違いを認め、早急の移動を約束したという。
     ◎
 来年のリベルタドーレス杯にはどのチームも出場できないことが決まってしまった今年の聖州サッカー界。現時点での全国選手権の最高位はサントスの8位だが、もしこのままだと、ポルトゲーザの9位が最高位に終わった1988年以来という、聖州勢が振るわなかった年となる。来期の奮起に期待。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年6月15日 東西南北  14日のゼネストでは、サンパウロ市でも、とりわけ午前中に通勤、通学の足に支障をきたした人が少なくなかった。民営化されていてストに不参加だった地下鉄4号線、5号線の利用者は、1~3号線の部分運行されていた区間との接続が良く、ほとんど通常と変わりなく利用できたという。ただし、部分 […]
  • 東西南北2018年12月15日 東西南北  13日、サンパウロ大都市圏ABC地区のマウアーで、市長のアチラ・ジャコムッシ容疑者が同市元局長らと贈収賄工作を行った容疑で逮捕された。同容疑者は5月にも逮捕されているが、後任の市長代理が財政破綻を起こしたため、かろうじて市長のクビがつながっていた。警察によると、同市長らは市内 […]
  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2018年10月27日 東西南北  今月中旬に、サンパウロ市地下鉄1号線、2号線と連結した5号線の営業が通常化したことで、5号線の利用者が倍増して話題となっているが、今日は、地下鉄4号線のサンパウロ/モルンビ駅が開業することとなった。これができると、これまでバスでしか行けなかった、サンパウロFCの本拠地で、有名 […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボウソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]