ホーム | 日系社会ニュース | 厚生ホーム=祭りに合わせて施設見学=入居者が合唱でお出迎え

厚生ホーム=祭りに合わせて施設見学=入居者が合唱でお出迎え

ニッケイ新聞 2013年12月7日

写真=コーラスで迎える入居者ら








 サンパウロ日伯援護協会(菊地義治会長)は1日、サントス日本人会の「第5回サントス祭り」に合わせ、サントス厚生ホームの施設見学のバスツアーを行った。同ホーム入居者の家族、知人ら約20人が参加した。
 午前8時に援協を出発したバスは10時に到着。入居者らのコーラスによって迎えられた。週1回、音楽療法として合唱、楽器演奏が行われており、「北国の春」「みかんの花咲く丘」「お正月」が披露された。
 個室、共有スペース、図書室、看護室、食堂などを見学した。入居者は39人で3分の2は日本国籍者。100歳を超える入居者が2人逝去し、平均年齢が80歳半ばまで下がった。90代からの新入居者も見られる。
 職員は30人弱で、JICA専門家が指導に派遣されている。同施設の指宿正義ホーム長は「1人当りの経費は月2500レアル。3000レから減らすことが出来た」というが、「これ以上の削減はムリ。援協傘下の施設で最も多くの赤字を出しているのでは」と運営の難しさを説明した。
 神内プロジェクトにより現在、新たに非常用エレベーターの設置と、既存エレベーターの改修工事が予算に組み込まれている。同ホーム長は「入居者には、より安全で快適な生活を送ってもらえるはず」と語った。一行は第5回サントス祭り会場の同日本人会へ向かい、夕方帰路に着いた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【日本移民112周年記念】日本移民112周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 与儀上原昭雄2020年10月3日 【日本移民112周年記念】日本移民112周年記念日に寄せて=サンパウロ日伯援護協会 会長 与儀上原昭雄  今を遡ること112年前の1908年(明治41年)6月18日、笠戸丸に乗った最初の日本移民781人がサントス港に上陸して112年の歳月が流れました。そして今や、ブラジル日系社会は190万人を擁する大きなコミュニティーに発展いたしました。先達の皆様方の幾多のご労苦とご功績 […]
  • そろそろ「日系7団体」にしては?2020年3月10日 そろそろ「日系7団体」にしては?  毎年の新年祝賀会に始まり、昨年4月には「新天皇ご即位・新元号『令和』祝賀晩餐会」、今年2月には天皇陛下の還暦を祝ってサンパウロ市立劇場で盛大に行われた天皇陛下誕生日祝賀会など、日本との繋がり深い大事な行事は「日系5団体」が申し合わせて計画する。  この5団体は、言う […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]