ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月14日

 聖市杯で、外国勢初の決勝トーナメント進出を決めた柏レイソルの若手チーム。コーチらがチームの様子を報告する「アカデミースタッフブログ」によれば、選手たちは11日にグループリーグで戦ったサンパウロFCと練習試合(45分1本)を行い、2対0で勝利を収めたとか。9日に最終戦を終え、しっかりと休養をとった上で、本日の決戦に向け順調な仕上がりを見せているよう。ここからの一戦一戦は新記録への挑戦だが、臆することなく本来の力を発揮し、〃良い試合〃を期待したいところ。

     ◎

 デイリースポーツ12月20日付の記事は、サッカーW杯の日本代表合宿地は聖州イトゥー市の「スパ・スポーツ・リゾート」に拠点を置くことで仮予約した状況だと報じた。同施設オーナーは日系人で、4月に完成するという新宿舎を貸切りで利用可、バスタブ設置と日本側の融通が利いたことも決め手の一つ。涼しい合宿環境から熱帯の試合会場へと気候対策が懸念される中での決定だが果たして…。

     ◎

 「ブラジルタウンフットサル」という毎日新聞群馬版の連載に、デカセギの父に連れられ、10歳より日本で育った平野勇パウロさんが紹介されている。当地では「ジャポネス」と呼ばれ、日本では同級生と明らかな違いを感じ「どちらにも属せないのか」と不安を抱えた学生時代を経て、現在は8歳の子の父親に。「伯国と日本どっちがいいと言うつもりはない。ブラジル人でも日本人でもない日系人だからこそ見えるものがある」と語る。当地育ちの〃日系人〃とは一味違った新世代が誕生している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2014年1月7日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年1月7日  サンパウロ対柏レイソルの試合で、スタジアムに駆け付けたサンパウリーノの中には日系人の姿もチラホラと。ピッチ脇を移動していると「日本人ですかぁー?」と、ゴール裏の観客席から二世の女性に声を掛けられた。話によると日本へデカセギ経験があり、15年 […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]
  • 《サッカー》 名門ポルトゲーザのスタジアム敷地が市場に? 全国選手権準優勝経験チームも、今は4部からも降格2018年5月5日 《サッカー》 名門ポルトゲーザのスタジアム敷地が市場に? 全国選手権準優勝経験チームも、今は4部からも降格 サンパウロ市を本拠とするかつての名門サッカー・クラブ、ポルトゲーザが、本拠地スタジアム脇の敷地を市営の早朝市場の敷地として提供する話が浮上している。  現在、サンパウロ市の公営早朝市場は市内中央部のブラス地区にあるが、ポルトゥゲーザの本拠地カニンデー・スタジアムの敷地に市場を […]
  • 「各地の学校で行っている講演会でも、日本で学んだことについて話している」と語るワシントン。カシアス市スポーツ局オフィスで2014年3月6日 W杯特別企画=サッカー兄弟国 日伯の絆=元助っ人からのエール=(4)=ワシントン=長谷部に注目、1勝2分け=勝負のカギは暑熱対策 ニッケイ新聞 2014年3月6日 「規律、勤勉さ、フェアプレー精神。日本からは本当にたくさんのことを学んだ。その姿勢は今の活動にも生きている」と感慨深げに語るワシントン・ステカネラ・セルケイラ(38)。彼は現在、自身のプロデビューの地であるリオ・グランデ・ド・スール州カシア […]
  • 聖市杯=柏が決勝T進出を正式決定=相手は強豪サントスで敵陣戦2014年1月14日 聖市杯=柏が決勝T進出を正式決定=相手は強豪サントスで敵陣戦 ニッケイ新聞 2014年1月14日  【既報関連】19歳以下のプロ登竜門として知られる『コパ・サンパウロ』のグループ・リーグの全日程が12日に終了し、日本から参加している柏レイソルの決勝トーナメント進出が決定した。外国勢としては初のGリーグ突破の快挙だ。  柏は勝ち点7、得失 […]