ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年2月25日

 いよいよ、先週末からリオ市内や聖市内でブロッコによるパレードがはじまっている。そんな矢先の23日夜、聖市のブロッコ・パレードの中心地とも言える西部ヴィラ・マダレナのフィダルガ通りとアスピクエルタ通りで、1台の乗用車がパレードに紛れ込み、7人をはねる事故を起こした。この車に乗っていた夫婦は、当初は仲間意識的な気持ちでパレードに入り込んでいたとか。でも車の乗り入れは禁止されていたため、パレード参加者から「出て行け」とばかりにドアを強く叩かれ、バランスを崩しているうちにはねてしまったという。夫婦は車に乗った状態でリンチにあい、愛車は大破される羽目に。残念ながら、今年のカーニバルは幸先の悪い形で始まってしまった。

     ◎

 60年代、伯国の映画界で活性化した前衛的な芸術運動「シネマ・ノーヴォ」時代に人気俳優だったアルドゥイーノ・コラサンチが23日、入院先のリオの病院で亡くなった。78歳だった。心臓と肺の疾患で13日から入院していた。アルドゥイーノはネルソン・ペレイラ・ドス・サントス監督の60年代後半から70年代の作品で主演格をつとめた。私生活では伯国映画史を代表した女優のレイラ・ジニスやソニア・ブラガの恋人だったこともあった。

     ◎

 23日の聖州選手権で無敗だったパルメイラスは、伏兵ボタフォゴに1―3で敗れ、開幕10戦目にしてついに土がついた。大金星のボタフォゴは全国選手権4部所属ながら、現在聖州選手権Aグループでサンパウロを抑え首位と絶好調だ。一方、サンパウロはサントスとのクラシコ(伝統カード)を0―0で引き分けたが、応援団同士が乱闘を起こし、死者1人が出る惨事となった。W杯は大丈夫か?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年3月8日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月8日  2月27日に聖市中央部CPTMルス駅のホームで、38歳の女性が到着した電車に頭を直撃されて死亡した件で、直前に女性を取り押さえようとした警備員2人が業務過失上致死、口論した研修員が傷害容疑で起訴される可能性が出てきた。17歳の研修員は妊娠を […]
  • 東西南北2014年3月1日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月1日  カーニバルの休み中、聖市では5日の午前中までは営業時間に変更などがある。銀行は3、4日が休みで5日の正午から営業再開となる。郵便局は1日は通常通り営業だが、2、4日は休み、3日は午前8時~午後2時、5日は正午から営業する。救急病院や聖市市立 […]
  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]
  • 東西南北2019年3月12日 東西南北  「ブラジルはカーニバルが終わらないと年がはじまらない」とは、昔からよく言われているが、今年のサンパウロ州議会は、15日にようやくスタートする。今年からはじまる同州議会では、ジョアン・ドリア州知事の民主社会党(PSDB)が19人から8人へと大きく議席を落とし、ボウソナロ大統領の […]
  • 東西南北2013年2月14日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年2月14日 […]