ホーム | コラム | 樹海 | 想定外?!イトゥアーノ優勝

想定外?!イトゥアーノ優勝

ニッケイ新聞 2014年4月16日

 Deu Zebra!(予想外の活躍)との見出しがあちこちの新聞に踊った。ソロカバ近郊のイトゥアーノ(IT)がサントスに勝って優勝したサンパウロ州選手権のことだ。サッカー評論家ソルマニはブログに《ジュニーニョ(IT会長)は全伯のクラブ会長の前で、敵チームの予算の10分の1、有名選手ゼロでどうやって勝ち抜いたかを講演すべきだ》と書いた▼コリンチャンスとは直接対決しなかったが、サンパウロ、パルメイラスとサンパウロ市3強を落とした。おかげで地方勢主体という異例の展開となり、サンパウロ州サッカー界の地殻変動開始を予感させている。04年にサンカエターノが優勝した時も新時代を思わせたが、すぐに凋落した。ITにはこの強さを持続させてほしい▼負けたとはいえ、この10年間で5回の州優勝を誇るサントスの腰の強さ、新人の大半が少年予備軍から上がってくる育成能力は半端ではない。新人プロ選手の登竜門、1月のサンパウロ市杯でも8戦全勝で優勝し、その勢いが1軍に流れ込んだ▼サントスの定款には「収益の10%を予備軍に投資すべし」と明記されている。その資金でサッカー学校を次々に開設し、オリェイロ(新人発掘要員)を契約し、才能ある10歳前後の少年をどんどん送り込んで、サッカー漬けの合宿生活の中で切磋琢磨させる仕組みだ▼全92校のうち最多64校はサンパウロ州内、その他の国内に34校、パラグアイに4校、米国、韓国、日本にもある。いつか日本で発掘された才能が活躍する日が来るかもしれない▼あどけない10代が凄まじい競争に晒されている。サッカーと同じ情熱を、なぜ学問には注げないのか――それが疑問だ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年2月14日 東西南北  本面で報じているように、ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長は高い人気で最初の1カ月を終えた。やはり「企業家」ゆえ、仕事のペースが速く、人々へのアピールも普通の政治家よりうまいのか。同氏は既にトレードマーク化した清掃着も「4年間着続ける」と宣言しているが、果たして有言実行できる […]
  • サンパウロ州選手権本日開幕け=復権はなるか、伝統の4強2015年1月31日 サンパウロ州選手権本日開幕け=復権はなるか、伝統の4強  本日、2015年のブラジルサッカーシーズンの幕開け、各州選手権が開幕する。 サンパウロ州選手権1部セリエA1は、20チームが覇権を競う。 昨年は伏兵のイトゥアーノが12年ぶり2回目のサンパウロ州制覇を果たした。鼻を明かされたサンパウロ州4強は、捲土重来を期しているが、リベ […]
  • サンパウロ州選手権=来年の組分けなどを発表=今年優勝のイトゥアーノはSPと2014年11月5日 サンパウロ州選手権=来年の組分けなどを発表=今年優勝のイトゥアーノはSPと  サンパウロ州サッカー連盟は3日、来年のサッカーサンパウロ州選手権の組分け抽選を行い、登録選手を28人に制限するという新ルールも採択した。 大会方式は今年の大会と同様、20チームを5チームずつ四つのグループに分け、他グループの15チームと1試合ずつの合計15試合戦い、各グル […]
  • イベント情報2014年3月15日 イベント情報 ニッケイ新聞 2014年3月15日 【サッカー】 サンパウロ州選手権 第14節 3/15(土) ・パルメイラス対ポンテ・プレッタ(会場:パカエンブー・スタジアム) 3/16(日) ・サンパウロ対イトゥアーノ(会場:モルンビー・スタジアム) ・リオ・クラーロ対サントス(会場:ア […]
  • 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ2019年3月20日 《ブラジルサッカー》代表の親善試合期間中に3連戦=主力3人を欠くサントスはピンチ  3月下旬の国際マッチデーウィークは、世界中の代表チームが一斉に親善試合を行う。  ブラジル代表は3月23日にパナマ戦(ポルトガル、ポルト)、26日にチェコ戦(チェコ、プラハ)の2試合を戦う。  6月にコパアメリカを控えている南米諸国は全て、大会前の貴重な機会として […]