樹海

 日韓、ドイツ、南アフリカ、そして今回。ブラジルで4回目のW杯を迎えるコラム子だが、あまりサッカー自体には関心がない。ただ、開幕が近づくにつれ、市民が浮き足立つことで生まれる独特の高揚感は大好きだ。カーニバルが近づくにつれて変わってゆく雰囲気とはまた違う、国威発揚的なイメージも加わる▼今回はそういう空気がほぼなく、本当にこの国で開催されるのだろうかーと不思議になるほどだった。しかし、3月25日通りでは直前になり活況を催していたようだ。訪問客は、通常の3倍にまでなったという。バスや地下鉄のストの影響との分析もあるようだが、気兼ね(?)していた気持ちが抑えきれずといったところか、と勝手に解釈し微笑ましくなった▼街の雰囲気も当日正午を回ったころから、変わってきた。3万5千人が集まったというアニャンガバウー広場での「ファンフェスト」に行った編集部スタッフによれば、3時前にはほぼ入れない状態で、それまでの状況を知らない日本から来た家族は「さすがブラジル!」と感慨しきりの様子だったとか▼メディア関係者が負傷したり、リオやサンパウロの競技場近くでのデモの映像が映し出されるテレビを切り、通りに出るとブラジルカラーを着た市民で一杯。対極すぎて不思議な気分に陥った。ショッペリアででもーとパウリスタ大通りに行くと、いくつかの店はカーテンで店を覆っている。便乗値上げかサービスか、飲み食べ放題の安くはない一定価格のご提供。試合終了後、早くも街の興奮が冷めたような気がしたのはコラム子だけか。これから一カ月、しっかり空気を楽しみたい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲2020年7月17日 《ブラジル》元保健相「コロナで20対1の大敗」=感染者200万人越え=サンパウロのカーニバルにも暗雲  保健省による16日晩発表で、新型コロナウイルスの感染者数が200万人を超えた。1日の感染者数は4万5403人(計201万2151人)、死亡者数は1322人(計7万6688人)となり、依然として米国についで世界2位だ。現在に至るまでの2カ月間、正式な保健大臣は任命されず […]
  • 東西南北2019年7月18日 東西南北  15日早朝、サンパウロ市西部のパルメイラス・バーラ・フンダ駅で、8歳の男の子と13歳の女の子(兄弟)が、38口径の銃を持って歩いているのが見つかり、警備員に保護されるという事件が起こった。2人は「両親が酔って口論となり、父親が銃床で母親を殴り始めたから」、父の手から銃を取り上 […]
  • 東西南北2019年2月26日 東西南北  23日からサンパウロ市でカーニバルのブロッコによるパレードがはじまり、いよいよカーニバルの季節到来となってきている。開催場所は各地でまちまちだが、23日の南部イビラプエラで行われたものにはベテラン歌手のアルセウ・ヴァレンサ、24日に北部アニェンビで行われたものには、ここ最近の […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 東西南北2017年3月2日 東西南北  前代未聞の、2夜連続での事故が発生。楽しむどころではなくなってしまったリオ・デ・ジャネイロ市サプカイでのスペシャル・グループのパレード。さすがに世界的に有名なイベントだけに、この事故はすぐに世界に向けて打電され、米国のニューヨーク・タイムスやイギリスのデイリー・メール、アルゼ […]