ホーム | コラム | 竹内香苗のブラジルだより | W杯で感じた独特の空気

W杯で感じた独特の空気

 ブラジルで迎える初めてのW杯。
「ブラジル戦の日は、町がゴーストタウンの様になる!」
「全てがストップする!」
「大渋滞になる!」
「いやいや、町から車が消える!」
 これまで周りのブラジル人から、都市伝説のごとくW杯を迎えたサンパウロがどうなるのか耳にして来ました。オーバーな話かと思いきや、いざ開幕してみると、あながち大げさでもないことに驚きました。
 6月12日。あの日のことは、ブラジルで過ごした思い出の中でも忘れられないものになることでしょう。
 開幕前夜。私は、サンパウロ市内にある「Octavio Café」内に翌日オープンする「nakata.net.cafe」のレセプションに出席するため外出。カフェ内の賑わいとは裏腹に、町の不気味な程の静けさに緊張感を覚えました。まさに嵐の前の静けさ。
 そして当日。この日の朝も町は静かなまま。W杯対応で祝日となったことにより、殆どの学校や企業が休みだったために朝の通勤ラッシュが無かったせいか静まり返っているのです。朝からすでにユニフォームを着て歩いている人がちらほら。異様な静けさの中には、ピンと張りつめる様な緊張感と、開幕を控えた高揚感も入り交じり、ぞくぞくしました。そして午後になり、一気にお祭りの様相を呈して来ます。
 各地で開催されているパブリックビューイング会場は歌やダンスで盛り上がり、バーにも人が溢れ、街中には黄色と緑のユニフォーム姿の人々が行き交います。日本人であり、またブラジル人でもある息子もブラジルセレソン(代表)の応援準備万端!

息子もブラジル代表のユニフォームを着て応援

息子もブラジル代表のユニフォームを着て応援

 そして試合が始まると、街中がまるでひとつの部屋にでもいるかのように、同じ空気を共有しているのを感じました。ブラジルがゴールを決めるごとに、花火、爆竹、歓声の嵐! ああ、これぞブラジル!
 W杯はまだ始まったばかり。熱戦の数々とともに肌で感じるブラジルの空気が決勝へ向けてどう変化していくのかも楽しみです。

プロフィール

竹内 香苗(たけうち かなえ)。愛知県出身のフリーアナウンサー。約10年間過ごしたTBSでは『はなまるマーケット』『朝ズバッ!』などに出演。夫のブラジル赴任に伴い12年に同局を退社し、ホリプロに所属。同年11月よりサンパウロ市に滞在している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2014年7月17日 祭りの後…W杯閉幕  64年振りにブラジルで開催されたW杯が閉幕。ブラジル代表は悲願の自国優勝ならず、ブラジルを破ったドイツが6大会ぶり4度目の優勝を飾りました。 開幕戦の日から、ブラジル代表の試合がある日は、町が異様な緊張感とざわめきに包まれ、私もぞくぞく。それがドイツ戦大敗後は、一転しょん […]
  • 2014年5月22日 近所で見つけたW杯の盛り上がり!(2) W杯反対デモ、スタジアムなど工事の進捗状況、水不足、デング熱・・・。W杯開幕が迫る中、ブラジルからのニュースを見て、心配されている日本の方も多いのではないかと思います。 日本でこうしたニュースを見聞きすると、一体今ブラジルはどのような状況なのかと驚かれるかもしれませんが、 […]
  • サッカーW杯開幕まであと1ヶ月!2014年5月8日 サッカーW杯開幕まであと1ヶ月!  W杯ブラジル大会まで、あとおよそ1ヶ月!ブラジルもようやく盛り上がって来たといえるでしょうか。というのも、ご存知の通りスタジアムなど工事の遅れやW杯反対デモもあり、最近まで開催を楽しみに待ちわびる盛り上がりと不満や懸念が入り交じる混沌とした雰囲気があったように感じていまし […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボウソナロ政権内で、ボウソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボウソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]