ホーム | コラム | 竹内香苗のブラジルだより | ブラジルのコーヒー事情

ブラジルのコーヒー事情

 ブラジルといえばコーヒー! サッカーやサンバカーニバルと並び、ブラジルーと聞いて思い浮かぶもののひとつでしょう。私もブラジルに来て美味しいコーヒーにたくさん出会いました。サンパウロ中心地から1時間半程車で走ったところにある南米最大の港町サントスには、コーヒー博物館もあります。
 コーヒーが有名なブラジルで、ブラジル流コーヒーの楽しみ方に慣れるまでしばらく戸惑いました。最初は日本の喫茶店で出て来る様なサイズのコーヒーに、自分のさじ加減でミルクやお砂糖を入れて飲みたいと思っていました。ところが、ブラジルで普通に「café(コーヒー)」と注文すると、ちっちゃなエスプレッソが出て来ます。そして、「café com leite(カフェラテ)」と頼むと、エスプレッソサイズの小さなカップに入ったカフェラテが。日本で普通に出て来るコーヒーカップサイズのカフェラテを飲みたい場合は、「café com leite médio」または略して「médio」と注文します。ちなみに、そのサイズのブラックはあまり見かけず、どうやらエスプレッソが主流の様。
 カプチーノはいわゆる日本のコーヒーカップサイズで出て来るので、「médio」を知るまではカプチーノが置いてある数少ないお店ではカプチーノを頼んでました。ただブラジルでは、このカプチーノ、しばしばサプライズがあります。ふわふわのミルクフォームにシナモンがかかっているあの日本でもお馴染みのカプチーノが出て来る場合もあれば、町の軽食屋さんではココアの様な粉をお湯で割ったものをカプチーノだとしているところもあり、飲み進めると底に粉が大量に固まっていることが・・・! 
 さらに、こうした軽食屋さんでは、エスプレッソを頼むと、ガラスのコップに、すでに砂糖がたっぷり入ったコーヒーが3分の1ほど入って出て来ることもあり、日本人の私はビックリ!
 そんなこんなで紆余曲折を経て、今私が一番好きなのは、やはりブラジルの人々が一番良く飲んでいるcafezinho。そう! エスプレッソです。時には、cafe com leiteでミルク入り。でもサイズはエスプレッソサイズ。いずれもお砂糖をたくさん入れて。ブラジルでは炭酸水や小さなクッキーが添えてあることも多く、これまたお気に入り。コーヒーの好みもブラジル色に染まりつつあります。

プロフィール

竹内 香苗(たけうち かなえ)。愛知県出身のフリーアナウンサー。約10年間過ごしたTBSでは『はなまるマーケット』『朝ズバッ!』などに出演。夫のブラジル赴任に伴い12年に同局を退社し、ホリプロに所属。同年11月よりサンパウロ市に滞在している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • トレンディ・ツーリズモ=外出自粛中の連絡先お知らせ2020年4月24日 トレンディ・ツーリズモ=外出自粛中の連絡先お知らせ  旅行会社トレンディ・ツーリズモは、クアレンテーナ(検疫)により、在宅勤務で顧客対応を行っている。航空便運行状況の相談などは以下まで。24時間対応・ポルトガル語、日本語両方対応可能とのこと。  連絡先は、以下のいずれか。関根さん(電話/ワッツアップ=11・97133・3539 […]
  • 東西南北2020年2月12日 東西南北  10日のサンパウロ大都市圏での大雨は、至るところで市民生活に大きな影響をもたらした。雨の影響は土砂崩れなどによる直接的な被害だけではなく、交通渋滞で数時間も車の中で待たされることになった人や、CPTMやバスの運行が滞ったことで通勤や通学に支障が生じ、欠勤などを余儀なくされた人 […]
  • 折り紙月刊誌で五輪特集=キリスト像の作り方も掲載2016年9月23日 折り紙月刊誌で五輪特集=キリスト像の作り方も掲載  日本折紙協会が発行する『月刊おりがみ』の8月号で、「ブラジルでオリンピック」と題する特集が組まれた。序文には「スポーツほかカーニバル、大自然、農業、資源など…。遠い国なのに、ブラジルのイメージはどれも強烈」と記され、過去の関連作品の紹介や、キリスト像の折り方が解説されてい […]
  • 竹内香苗のブラジルだより2014年2月2日 サンパウロからこんにちは ニッケイ新聞 2014年2月2日 ニッケイ新聞WEBの読者のみなさん、はじめまして! この度ご縁あって、こちらにて文章を綴らせて頂けることになりました。 サンパウロに来ておよそ1年。主婦兼フリーアナウンサーとして日々過ごしております。 ブラジルに住むことになるとは夢にも思わず […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]