ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルに〃白い象〃誕生?

ブラジルに〃白い象〃誕生?

 今週から全伯各地で〃白い象〃が次々に誕生しているといえば奇異に聞こえるだろうか―。「白い象」といえば、お釈迦様の生誕を祝う稚児行列の先頭をゆく神聖な動物という印象か。だがポ語で「エレファンチ・ブランコ」なら「無用の長物、やっかいもの」を意味する▼冒頭の言葉は、W杯決勝トーナメントが進み、全伯12会場の地方施設が次々に役割を終えていることを指す。特に批判が集中するのは次の4競技場だ。日本代表戦もあったクイアバ会場は「白い象」の典型だとマスコミは指摘する▼そのパンタナール競技場は5億7千万レアル(約261億円)を投じて建設した4万4千人収容の最新施設だ。ところが昨年のマット・グロッソ州サッカー選手権では全76試合の平均観客動員数は605人(グローボ・エスポルテ13年6月3日報道)。同競技場でその観客数なら閑散としすぎ、経費がかさむばかり▼同様に6億7千万レを投じてマナウスのアマゾナス競技場を作ったが、同州選手権も平均動員数は807人(同)。ナタル競技場のある北大河州選手権は958人、なんと19億レと言われる超豪華なマネ・ガリンシャ競技場を作ったブラジリア選手権も1176人(同)。いずれも4万人超の収容能力にはそぐわない数であり、膨大な維持費をどうひねり出すのか心配になる▼泣いても笑っても、あと1週間余りでW杯は終了する。〃社会的な鎮痛剤〃が切れると同時に、選挙戦が本格的に始まる。例年通り、虚実ない交ぜの見苦しい批判合戦が連日繰り広げられ、当然〃白い象〃の後始末も批判対象になる。2年後に迫ったリオ五輪で今回の教訓は活かされるのか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《リオ市》寂しい限りの宴の後=マラカナンスタジアム周辺で犯罪多発=W杯、五輪も終わり、警備も閑散2018年6月9日 《リオ市》寂しい限りの宴の後=マラカナンスタジアム周辺で犯罪多発=W杯、五輪も終わり、警備も閑散  ロシアW杯開幕まで、あと5日。世界中の多くのサッカーファンが開幕を心待ちにしているが、4年前にサッカーの祭典の舞台となったブラジルでは、大会用に建設された一部のスタジアムがほとんど使われなかったり、W杯開催のために建てられた都市整備計画が実行さなかったりと、問題も山積 […]
  • 東西南北2018年3月27日 東西南北  昨年5月、サンパウロ大都市圏サンベルナルド・ド・カンポのコンドミニアムに入り込み、自転車泥棒だと疑われ、刺青師から額に「私は泥棒です」の刺青を入れられた18歳の青年が社会的に話題となった。その青年が24日、サンパウロ大都市圏マイリポランで万引きで現行犯逮捕された。スーパーでデ […]
  • 東西南北2017年9月5日 東西南北  2日、サンパウロ市ブリガデイロ・ルイス・アントニオ大通りを走行中のバスの中で女性の恥部に触った上、逃げようとした女性を捕まえて性器を押し付け、自慰行為を行ったとして、ジエゴ・ノヴァイス容疑者(27)が逮捕された。同容疑者がバスの中で同様の犯罪を繰り返したのは少なくとも17回目 […]
  • サッカーの移籍市場が終了2017年9月2日 サッカーの移籍市場が終了  欧州サッカー界の夏の移籍市場は8月31日に締切となったが、この締切日に起こった、ブラジルの有力選手の状況を見てみよう。  既にネイマールがバルサからPSGに、パウリーニョが中国の恒州広大からバルサに移籍したことは世界的にも話題となっていた。その他も、フィリペ・コウチ […]
  • サッカーW杯南米予選=カシオとルアンがセレソン入り=磐石なメンバー並ぶ中2017年8月11日 サッカーW杯南米予選=カシオとルアンがセレソン入り=磐石なメンバー並ぶ中  ブラジル・サッカー連盟は10日、8月31日と9月5日に行われるW杯南米予選の対エクアドル、対コロンビア戦に出場予定の23選手を発表した。  選手は以下の通りだ。 <キーパー>アリソン(ASローマ)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、カシオ(コリンチャ […]