ホーム | コラム | 樹海 | ブラジルに〃白い象〃誕生?

ブラジルに〃白い象〃誕生?

 今週から全伯各地で〃白い象〃が次々に誕生しているといえば奇異に聞こえるだろうか―。「白い象」といえば、お釈迦様の生誕を祝う稚児行列の先頭をゆく神聖な動物という印象か。だがポ語で「エレファンチ・ブランコ」なら「無用の長物、やっかいもの」を意味する▼冒頭の言葉は、W杯決勝トーナメントが進み、全伯12会場の地方施設が次々に役割を終えていることを指す。特に批判が集中するのは次の4競技場だ。日本代表戦もあったクイアバ会場は「白い象」の典型だとマスコミは指摘する▼そのパンタナール競技場は5億7千万レアル(約261億円)を投じて建設した4万4千人収容の最新施設だ。ところが昨年のマット・グロッソ州サッカー選手権では全76試合の平均観客動員数は605人(グローボ・エスポルテ13年6月3日報道)。同競技場でその観客数なら閑散としすぎ、経費がかさむばかり▼同様に6億7千万レを投じてマナウスのアマゾナス競技場を作ったが、同州選手権も平均動員数は807人(同)。ナタル競技場のある北大河州選手権は958人、なんと19億レと言われる超豪華なマネ・ガリンシャ競技場を作ったブラジリア選手権も1176人(同)。いずれも4万人超の収容能力にはそぐわない数であり、膨大な維持費をどうひねり出すのか心配になる▼泣いても笑っても、あと1週間余りでW杯は終了する。〃社会的な鎮痛剤〃が切れると同時に、選挙戦が本格的に始まる。例年通り、虚実ない交ぜの見苦しい批判合戦が連日繰り広げられ、当然〃白い象〃の後始末も批判対象になる。2年後に迫ったリオ五輪で今回の教訓は活かされるのか。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独立200周年記念の記念モニュメント建設を2018年9月11日 独立200周年記念の記念モニュメント建設を  暴力を扇動する発言を多発するボウソナロ大統領候補が、暴力によって口を封じられる姿に、自然界の摂理を感じるのは、コラム子ばかりではないだろう。選挙戦が始まって2週間経つ。国民の大半にとって、理想的な候補がいないなかで、消去法で誰に投票するかを選ぶしかない選挙のようだ。そ […]
  • リオから大統領が生まれないその理由は?2017年12月1日 リオから大統領が生まれないその理由は?  伯国の政界用語の中のひとつに「カフェ・コン・レイテ(コーヒーと牛乳)」という言葉がある。これは「カフェ」が聖州、「レイテ」がミナス・ジェライス州を、それぞれの特産品に喩えたものだ。これはつまり、「伯国の大統領は伝統的にこの2州の政治の長の持ち回り」ということを意味する […]
  • セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?2018年5月18日 セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?  14日、W杯サッカーがちょうど1カ月前を迎えた時点で、セレソンが出場23選手を発表した。ただ、盛り上がりには欠けている▼それはなぜか。「前回の大会でドイツに屈辱の1―7の大敗を喫したことで、国民からの信用が薄れているから」。それもある。「出場しても、またみじめな敗戦を […]
  • リオ五輪は「再生の時」2016年8月23日 リオ五輪は「再生の時」  どうしてこうドラマチックなのか――ブラジルという国の動きの筋書きのことだ。国技サッカーが初金メダルを獲り〃王国〃復活の兆しを見せた五輪によって、国全体に「再生の時」という雰囲気を醸し出す気がする▼大会前は、無事に終わるのかという不安感と、不必要に莫大な資金を投じたことに強く疑 […]
  • 2025年万博の大阪誘致に賛同を2017年11月28日 2025年万博の大阪誘致に賛同を  「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマとする万国博覧会を、2025年に大阪市で開催するため、「2025日本万国博覧会」誘致委員会(会長=榊原定征経団連会長)が中心となって、誘致活動を精力的に展開している。ぜひとも日本開催に向け、ブラジルからも一肌脱いで協力したい。 […]