ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 日本時間の7月31日、ネイマールが日本の寝具メーカー、西川との広告契約を結ぶために訪日した。既に日本でも人気のネイマールとあり、成田空港にも情報を聞きつけた700人のファンが殺到した。ネイマールはその後に開かれた公開記者会見に、「禰偉丸」と漢字の当て字で自身の名前が書かれた青い着物を着て登場。その席で「(W杯準々決勝で骨折した)第3腰椎は少しずつ良くなっている」「18日の試合から復帰したい」などと語った。奇しくも1日は日本の安倍首相が来伯し、ジーコやセレソン新監督のドゥンガと面会。同首相は両者を前にサッカーボールを抱えながらご満悦だった。
     ◎
 サンパウロ州地裁は7月30日、2人の青年に運行中の電車から飛び降りることを強要し、1人が死亡、1人に右腕を失う重傷を負わせた罪で、ダニーロ・ジメネス・ラモス被告に26年8カ月25日の実刑判決を言い渡した。これは2003年12月、CPTM11号線のブラス・クーバス駅で同被告ともう2人の実行犯がパンクバンドのTシャツを着た青年にからみつき、飛び降りを強要させたもの。残りの2人の実行犯は、それぞれ24年半と31年の実刑判決をすでに受けている。
     ◎
 7月31日、クルトゥーラ局でのスポーツニュースでコリンチャンスの練習場からの中継を生放送中、平服軍警が犯罪者に発砲する姿が映し出された。これは中継レポーターが話している背後で起きた映像で、撃たれたのは軍警から逃げていた23歳の強盗の青年だった。被弾した青年は、死は免れたものの、入院中だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合2020年3月7日 《ブラジルサッカー》A代表と五輪代表、計47人一挙発表=W杯南米予選とU23の親善試合  ブラジル・サッカー連盟(CBF)は6日、今月のW杯南米予選に出場するA代表、同時期に開催される親善試合に出場する五輪代表の計47選手を発表した。  A代表24人のメンバーは以下の通りだ。<キーパー>エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェーヴェルトン(パルメイ […]
  • 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!2020年1月2日 【2020年新年号】東京五輪の男子サッカー優勝国を本紙記者が予想=期待集まる前回金メダルのブラジル=豊作の日本代表が大健闘も?!  2020年の夏季五輪は56年ぶりの東京開催となる。様々な競技への興味がつきないが、ブラジルとしてはやはりサッカーを欠かすわけにはいかない。そこで、本紙きってのサッカーファン、井戸規光生記者と沢田太陽記者が今回もサッカー対談を行い、前回リオ大会で待望の金メダルを獲得した […]
  • 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード2019年12月27日 2019年ブラジルサッカー10の教訓=地元紙が鋭い考察=攻撃的スタイル、外国人監督がキーワード  21日のクラブW杯決勝でフラメンゴがリバプールに敗れ準優勝に終わったことで、1月に始まり12月に至った2019年ブラジルサッカーシーズンが終了した。  フラメンゴが席巻したと言っても過言ではない今期を振り返って、ブラジル紙が「2019年ブラジルサッカー界が得た10の […]
  • 東西南北2019年11月26日 東西南北  フラメンゴのリベルタドーレス杯優勝で持ちきりとなった週末のブラジル。今季のフラメンゴの記録的な強さに加え、同杯史上に残る劇的な逆転劇を演じたのだから、それも納得か。ボルソナロ大統領は優勝決定直後に「感動的で歴史に残る試合。これがサッカーだ」とツイッターを打った。2得点を決めた […]
  • 東西南北2019年6月25日 東西南北  サッカーの女子W杯でブラジル代表は敗退してしまったが、男子代表は22日、コパ・アメリカで無難に決勝トーナメント進出を決めた。この日のペルー戦では、前試合のベネズエラ戦でゴールを3本無効にされた挙句に引き分け、散々批判されたうっぷんを晴らすかのように、前半から攻めに攻め、終わっ […]